2015_01
14
(Wed)17:23

最近読んだ本と今読んでる本

150114_1634~01
正月に行った実家からの帰り道、通りすがりのブックオフで買った本。
買おうかどうしようか少し迷ったけど、出会った時に買っておくべきだ(この機会を過ぎるときっとこの本の存在も忘れる)と思ったので買いました。
で、キリール文字の方を一昨日読み終わりました。

キリール(キリル)文字というと知らない方もいるだろうけど、ロシア語の文字といえば誰でも知ってるでしょう。
あれですよあれ、大方の日本人が読めないあの文字ですよっ
ええ、もちろん私も読めませんよっ★
おかげでいつぞや行ったモスクワの街中では、全力で右往左往しちゃいました。
シェレメチエヴォ空港は巨大な国際空港だから、当然英語表記はあるし、空港駅の窓口のおばさんも英語ペラペラでしたが、街へ出たら最後、キリル文字の表記しかない!!!!!!
まず地下鉄の駅で、乗りたい電車が来るホームがどこだかわからなくて、駅構内をグルグルしちゃいましたわ。
ホームごとにある路線図は、たぶんとても親切な表記だと思うのだけど、見ても駅名の発音すら想像できないから車内放送(があったかどうかは覚えてない)はアテにできないので、電車に乗ったら「4つ目4つ目4つ目で降りるんだ~。ボーっとしてたら乗り過ごす~」と緊張して乗りましたっけ。
そんな思い出があるキリル文字、9世紀まで文字がなかったスラヴ文化圏のために、キリスト教の僧侶が作った文字です。
一応そこまでは知っていたけど、それ以上の詳しいことは全く知らなかったので、とても興味深く読めました。

スキタイの方はまだ読み始めたばかりですが、すでにかなり面白そうな予感が…。
キリル文字は9世紀の話だけど、これはもっと時代をさかのぼって、紀元前の話。
最近、普仏戦争時(日本では明治維新頃)にフランス留学していた曾祖父の著書を親戚筋で集まって研究してるから、その当時に関する文献を必要に迫られて色々読んでるんだけど、やっぱりあれだ、私、近現代史より大昔の方が好きだわ。
関連記事

COMMENT 0