2014_12
01
(Mon)11:55

寄生獣とかマジンボーンとかブレイヴとか

141201_1051~01

今週一緒にランチを約束してる元編集長の旦那様(しゃちょ~)が、『寄生獣』に興味あり、ということで、コミックスを引っ張り出してきました。
全10巻。
で、ミギー&新一が初めて表紙になるのがこの3巻。
主人公sなのにっ
奥付を見ると、この3巻の初版が1991年7月。
うわ~、そんな前か~。
久しぶりにぱらぱら読んでみると、20年の時の流れを感じますね。
社会の空気感が今とは違ったんだろうな、という感じ。
アニメはそこのところ、うまく今風に変えてますね。
アニメ新一の当初の草食系全開なイメージも、今だからこそしっくりくるんだろうなあ。
20年前にそんなだったら、超軟弱なにーちゃんで主人公を張れるタイプじゃ無かったかも。
アニメ里美の控えめな性格は、敢えてそうしてるんでしょうね。
実写の方の里美は、特番で一部をちょろっと見ただけだけど、原作寄りな気がする。
サブキャラも現代風になってますね。
でも後藤は後藤のまま出てきそうな気がする。
それにしても、石田彰さん、最近悪役多いな。

石田さんが悪役で出てると言えば『マジンボーン』。
お子ちゃま向け販促アニメと嘗めてはいけない。
世間認知度は低そうだけど、面白いよ。
お子ちゃまがアレをみて、話を理解できるのか?
そもそも、子供向けアニメなのに、主要登場人物の最年少が小生意気な13歳、主人公は16歳。
その他は基本的にみんな大人。
で、主人公の翔悟ちゃんが悩める青少年で可愛い。
この“子供置いてけぼり”感は、ブレイヴに通じるなあ。

今日のブレイヴ、久しぶりにバローネさんが出てきますよ♪
「三国同盟? なんだそれ」なあのバローネさんですよっ
うわ~☆楽しみだっっっ(何 
関連記事

COMMENT 0