2014_10
17
(Fri)21:34

久しぶりにびーえむさん

一昨日のことです。
元編集長宅にランチにお呼ばれして行き、帰りはKちゃんを駅近くまで送り、帰宅途中にフツーに買い物に寄りフツーに帰ってきた働き者の我が愛車プジョーさん。
夜遅く、ダンナを駅まで迎えに行こうと思っていつものようにリモコンキーのボタンを押してロックを開け、ルームランプがついた車内にいつものように座り込んでキーを差して回し
…た途端に真っ暗になりました。

その後何度キーを回しても、ウンともスンとも。
セルモーターのカラカラ音も無し。
さっき使えたリモコンキーも使えない。
何の反応も無くなりました。
ただの青い箱になってしまった。
何じゃこりゃ。
一瞬でバッテリー残量がゼロになったんですか?

仕方ないのでそれからびーえむさんに乗ってます。
プジョーがお気軽に乗れるので、すっかりびーえむさんに乗る機会が減っていたから、久しぶりに乗ると色々重い。
クラッチ重い。
ギア重い。
車重重い。
車重はまあ、でかいんだから重くても仕方ないけど。
ギアは、重いけどカッチリはまる感があるから良いんだけど。
クラッチ…。
クラッチが重いんだなーこれが。
しかも、遠い。
シートの高さを私が視界を確保できる高さに調整すると、一番前に出してもクラッチまで割とギリギリ。
ごめん、足が短くて。
重い上に遠いので、微妙な力加減が難しいのです。
でもプジョーが無かった頃は平気で乗ってたんだから、慣れればどうって事無いんだろうけど。
左ハンドルも、しばらく乗ってないと感覚がちょっと薄れてて、特に左折時につい右寄りに入ってしまう。
右折はそうでもないんだけど。
今日プジョーの新しいバッテリーが届いたから、明日にでも乗れるようになるかもしれないけど、びーえむさんも感覚が薄れないように、たまには乗っとくかなー。
なんて思ったり。
関連記事

COMMENT 0

« PREV  Home  NEXT »