2014_09
10
(Wed)11:57
すっかりキアゲハ観察ブログの体になってますが、別に虫に特別詳しいわけじゃないので、何か参考にしようとか思って読むのはやめておきましょう。

昨日の脱皮を経て、体長が伸びていれば4cmくらい、縮んでいると3cmくらいな感じになりました。
西日の中で倒れていた子が丁度この時期だったみたい。
どうも日中はあまり動かない子のようで、昨日も脱皮後ずっとじっとしていて、夕方覗いたときにやっとちょぼちょぼ食べていた。
今朝見たらそれなりにパセリが減っていたので、朝方までに食べたのかなあ。
でも、それからまたじっとしてる。
日中動いてると鳥や蜂などの天敵に狙われやすいとか、あるのかしらん?
サイズ的にもう一回くらい脱皮すると思うんだけど。
終齢幼虫になったら、もっとガツガツ食べるのかなあ?
以前飼育した子は終齢で拾ったのだけど、そりゃあもう、よく食べていましたが。

140910_1033~01
脱皮後の皮は全部食べなかったようで、左に残ってる。
行動半径がとっても狭くて、最初に発見したところから殆ど移動してない。
パセリは3株植えてあって、今ひと株目を鋭意制圧中だけど、最後まで食料、もつかなあ?
関連記事

COMMENT 0