2014_06
16
(Mon)16:30

パソコンさんを処分

とっくにお亡くなりになってた昔のPC、「いつでも処分できるし-、そのうちやろー」などと思ってそこらに放置してましたが、このたび長らく大阪に単身赴任していたダンナが帰ってくることも有り、ちょっと色々整理して場所を空けなきゃな必要に迫られて、やっと重い腰を上げました。
PCはリサイクルマーク付きなので、メーカーに処分を依頼すれば只で済むのだけど、まあ要するに、荷造りがメンドウクチャイ…という理由で放置してたわけでして(^.^;)

今回処分するPCは、エプソンのデスクトップとノートの2機種。
どちらも過去に故障してメーカーに修理を依頼したことがあったんですが、当然購入時の箱や発泡スチロールは捨てたあとだったので、緩衝材代わりに毛布でくるんで、箱の中で動かないように隙間に新聞紙を詰めて…と、荷造りが結構大変だった記憶がありまして。
そんなんで、あーめんどーくさいなー、と思ってしまってたんです。
修理の時は、同じ毛布でくるんでまた返ってきたけど、今回は廃棄処分だから返ってこないので、いらない毛布を用意しないといけないのかなあ?そんなもん無いなあ今のところ…なんて考えていたんですが、メーカーのPCリサイクルに申し込んでみたところ、「緩衝材はいりません。入れないで下さい」ということでした。
あ、そーなんだ。
処分品でも輸送中に物理的破損をしちゃいけないかと思ってたけど、それは気にしなくても良かったのね。

メーカーからは、エコゆうパックの着払い伝票が届きました。
梱包は箱か、厚手のビニール袋(!)でも良いとのこと。
中でがたがた動かないように、ガムテープとかで止めて下さい、と。
そーなのか。
廃棄処分とはいえ、長く愛用したマシンの最期を、そんなぞんざいに扱うのも何か気が引けるけど、まあ、仕方ない。


リサイクルマークの付いていないモニターは、無料で引き取る業者に先日送りました。
事前連絡も無く、いきなり送りつけてOKということだったので、ちょっとドキドキしながら送ってみたんですが、既に向こうに届いて3日くらい経ち、特に何も言ってこないから、無事処理されたのかな…
こちらは、「緩衝材は古着でOK」だったので、ついでに服の処分も出来ました。
関連記事

COMMENT 0