2014_04
17
(Thu)13:24

Javaアプレットがセキュリティエラーで使えない件

お絵かき掲示板が、エラーが出て使えなくなったのでこれを機会に使用をやめようかなー、アカウントが消されるまでこのまま放置しておこうかなー、みたいなことを1か月くらい前に書きましたが、エラーの原因と対策を全く調べないというのも何だかなーという気がふっつり湧いてきたので、今朝ググってみました。

Java8バージョンアップでお困りの方はこちら

要はこういうことでした

▼原因
Java7.0へのバージョンアップにより、セキュリティ認証の何か(曖昧^^;)が変わった

▼対策
Javaのセキュリティ設定を変えればいい

Javaのヘルプの該当ページはここ

つまり、よりセキュリティーレベルが強化され、これにより、むかーしからWEB上にあるJavaアプレットは、セキュリティ証明書に署名がなかったりの不備があるので、実行できないのがデフォルトになっちまった、ということでしょーか。
何でもオンラインで実行できる時代になって、外からの脅威に対してより防衛を強化しないといけない、ということなんでしょうね。
Javaはいつぞや脆弱性をやり玉に挙げられてたしね-、信頼回復しないとね…。


Javaのヘルプを見ても何だかよくわからん!という方は、続きから…
1_201404181004416ff.jpg
「アプリケーションがブロックされました」
「ご使用のセキュリティ設定により、信頼できないアプリケーションの実行がブロックされています」というエラーメッセージが出たときは、Javaのコントロールパネルからセキュリティ設定を変更します。

Javaのコントロールパネルは、Win8ならスタート画面または全てのアプリの「Configure Java」を開きます。
3.jpg
↑Win8のスタート画面にピン留めされているならこれ

4.jpg
セキュリティタブの「例外サイトリスト」に「サイトリストの編集」から、使用したいJavaアプレットがあるサイトのURLを追加して「OK」。
これでそのサイトのアプレットは使えるようになります。

上の画像のコントロールパネルでは、セキュリティレベルが「中」になってますが、推奨(デフォルト)は「高」です。
「高」だと、署名が確認できないものは、ことごとく実行できないので、いちいちサイトURLを追加する必要がありそうです。
「中」は、言ってみれば以前のデフォルトです。
警告を必要とするアプレットだとこういうお馴染みのが出てきます。
2_20140417125833c60.jpg
「実行」をポチれば使えます。
いちいちURLを追加しなくて済むので楽ですが、セキュリティ的には自己責任で…

参考にさせて頂いたサイトはこちら
関連記事

COMMENT 0