2013_12
12
(Thu)11:06

工程が減った

最近の印刷屋さん、入稿データがPDFでもOKなところが増えてきたようで。
いつも仕事をくれる近所の印刷屋さんもいつの間にかPDFに対応していて、このところ、最終校がそのまま納品データになってしまう。
画像埋め込みとか文字アウトラインとかeps書き出しとか、割と面倒くさかった最後の工程がいらなくなりましたよ。
環境の方がどんどん進化していくので、人がやる作業がどんどん簡単になっていく。
なんか、人間の能力が反比例して後退していくんじゃないかい?などとうっすら不安を覚えるのだけど。
実際、ヒトは進化の過程で失ってきた能力もたくさんあると思うし。


ちょっと話変わりますが、最近息子に借りて読んだ本。
2045年問題 コンピュータが人類を超える日 (廣済堂新書)2045年問題 コンピュータが人類を超える日 (廣済堂新書)
(2012/12/22)
松田 卓也

商品詳細を見る

人類はコンピューターを取り込むor取り込まれるor一体化することで更に進化する、というような夢想をする科学者がいっぱいいそうな気配を文章から感じましたが、それって生物としての進化なんですかね?
この本に登場する科学者さん達の考察は、完全に理系さん的世界観の中の話なので、文系さん的考察も聞いてみたいものです。
つまりさ、みんながみんな草薙素子になりたいかといったら、そんなこと無いんじゃない?ということ。

この本自体は理系妄想に偏らない見地から書かれているので、とっても興味深い内容で面白いですよ。
著者の先生、アニメとかめっちゃ見てそうだし。
関連記事

COMMENT 2

ZENKI  2013, 12. 12 (Thu) 23:23

そですねぇ

バトーになって光学迷彩であっちこっち・・・.^^;

正月の休みにでもその本を読んでみたい...

でわでわ...

Edit | Reply | 

りんず  2013, 12. 13 (Fri) 09:56

Re: そですねぇ

コーガクメーサイで悪いことしちゃダメですよ~(笑
私みたいな文系脳にもわかりやすく書いてある本なので、しゃちょうにはちょっと物足りないかも知れませんが、ぜひぜひ読んでみてください(^o^)/

Edit | Reply |