2013_11
01
(Fri)14:58

ワラジムシ製造の腐葉土

夏の間は「暑い!」とか、秋になってからは「雨が降ってる」「体調が悪い」「忙しい」「面倒くさい」などの各理由をつけて延ばし延ばしにしていた猫の額ガーデンの手入れ、ようやく昨日ちょっとやりました。
昨日は主に、フェンスに張り付いている伸びすぎアイビーを適当な長さに切る、という作業をしました。
フェンスのコンクリ土台と道路のアスファルトの上にもしゃもしゃ伸びまくってからんでいるアイビーをザクザク切っていくと、結構な量の土が足もとに出現。
本来土のない所なんですが、吹きだまった土とアイビーの落ち葉を原料に、せっせとワラジムシさん達が腐葉土を作っていたようで。
天然の腐葉土、ありがたく、いちご栽培の結果すっかりやせてしまった場所にまかせていただきました。
これで少しは土が肥えて、またいちごが栽培できるかなあ。

庭の草取りやらをやると、いつもそこに住んでいた虫さん達が右往左往するので、「ごめんなさーい」と心の中で謝りながらやってます。
そういえば、プジョーの駐車場所を確保するために、雑草育成(?)に使っていた所の草を抜いたときは、夏だったので大小のバッタさん達がパニックになってましたっけ。
今回はワラジムシさん達が大わらわ。
いやホント、ゴメン。

この土の中に、種類は不明だけど何やら甲虫の幼虫とサナギを発見。
もちろん、土を移動した場所に彼らも埋めときました。
何か、この小さな空間の中で生態系がきちんとあるんだなあと感動。
実際、生態系を壊している生物は人間だけですからね★
園芸家の皆さん、ワラジムシやダンゴムシは庭をお掃除して良質な土を作るガーデニングの素敵な仲間ですよ。
やっつけないでね♪
いちごも食べちゃうけどね(^-^;)

131101_1435~01
ワラジムシ製造の土


そーいえば、でっかい毛虫もいました★
やつは何者だったんだろう?
もふもふ動いて何処かへ立ち去り(?)ましたけど。
関連記事

COMMENT 0