2013_10
06
(Sun)00:48

レドちゃん

img030_2.jpg

ガルガンティアのレドちゃん描いてみました。
この間、渚を描いたけど、こっちの方が断然描きやすいかも。
似てるかどうかの客観的評価は別として;

公式サイトの設定画と、ブログに上がってるアニメのキャプチャ画像を資料に描いたんだけど、ノーマルスーツ(間違い)の襟のデザイン、設定とアニメじゃ違ってたわ。
あと、なにげにアニメではレドちゃんのチャームポイント(?)な「地球の重力に負けたアホ毛」(すいません、勝手な命名です)が、設定画ではそう目立たないのね。
あのアホ毛はきっと無重力空間に行ったら本来の正統派アホ毛になるのよ♪

レドちゃん、最後には安寧の日々を手に入れたけど、遠い宇宙の彼方ではまだ不毛な戦いが続いていることを思い起こして、心を痛めることもあるでしょうね。

さて、当初ガルガンティアを見始めたとき、「ふーん」な感じだったことはこの前書きましたが、その理由の一つに、女子の服装があります。
私、いつぞやも書いた気がするけど、理由もなく女子の肌露出が高いのはあまり好きじゃないのよね。
ベローズとかラケージとか、あの辺が露出度高なのはいいですよ。
お姉さん達なんだし。
だがしかし、年下女子3人組のアレは、私はいらん。
ロリ趣味オジサンの妄想は、あの話には不必要ですわ。
もし文化としてあーゆー服装をしているのだとしたら、男もそれに準じた服装であるべきで。
それがなく、女子だけアレ…赤ちゃんみたいな顔をして体だけエロいっていうアレは、それが主題の別のアニメでやってほしいわ。

ヒディアーズの語源はhideousですよね。
それだけで相手に対してどれほどの嫌悪感を抱いているかがわかる、なかなかの命名だと思います。
関連記事

COMMENT 0