2012_04
20
(Fri)11:59

Deutsche Geschichite

ドイツ語本を買いました。大学以来です。
120420_1113~01

左の『Deutsche Geschichite』(読み方:ドイチェ ゲシヒテ)は、『ドイツの話』という意味だと思うけど、要するに『ドイツの歴史』の本です。
アマゾンの「なかみ拝見」で見たところ、読めそうな気がしたし、レビューでは現地の中学生レベルということだったので、まあ、ちょうど良いかな?と思って買ってみました。
ドイツ語、一応大学でやっているので、読む分には、辞書を最大限駆使して何とかなると思うのです。
幸い英語とかなり似ている言語なので、単語の意味さえわかればあとは結構勘で何とかなるもんです。
そうやって卒論のための資料も読みましたから~☆
ドイツ語の勉強をしつつ、ついでにドイツの歴史もわかってしまうという一石二鳥を狙いました。
中身はこんな感じ。
120420_1114~01

中学生レベル、ということだけど、ドイツに中学生というカテゴリーが存在するのか?というのは別の話。
ドイツは、日本やアメリカと違って複線型教育なので、大体10歳(ベルリンは12歳らしい)で基礎学校を修了すると、その後は進級先によって将来が決まってしまうらしい。
少女漫画でお馴染みのギムナジウムは、大学進学コースなのだそうだ。
最近では、「そんなに小さいうちに将来を決めてしまって良いのか?」という議論もあって、融通の利く総合学校というのが選択肢として人気があるそうな。
いつぞや、「減少しつつある職人的技術者を育てるためには、日本も早いうちから専門教育をするドイツ的複線型教育を考えてはどうか」という意見を新聞で見たけど、それはどうなのかなあと私は思ってしまう。
路線変更が困難な複線型より、いつでも変更したり、途中下車してもまた復帰できる単線型、私は悪くないと思うんだけどなあ。

もう一冊の方は、写真にそれを表すドイツ語と英語が付いてる便利本。
「これはドイツ語でこう言うのね」というのがお手軽にわかりそうなので買ってみました。
120420_1115~01
6000語以上載ってるらしい。
まあ、暇な時に眺めるのに良いでしょう。
関連記事

COMMENT 2

弘江  2012, 05. 05 (Sat) 16:56

尊敬です。

エストニアのお話楽しみにしています。私もいよいよ来週から行ってきます。もっとドイツ語勉強しておけば、、、と悔やんでもアレですが、なにかあったらアスラン!?(笑)と念じたいと思います。

Edit | Reply | 

りんず  2012, 05. 06 (Sun) 11:49

Re: 尊敬です。

弘江さんも今月お出かけするんですね!
ドイツ、良いなあ。
私も折角近く(でもないか?)に行くので、ドイツも少しは寄りたいなーと思ったんですけど、シンポのスケジュールがビッシリなので無理でした-.-;
お互い楽しんできましょう!

Edit | Reply |