2012_01
08
(Sun)12:49

あけましておめでとうございます

新年明けてから、既に1週間以上経ってしまいましたが、あけましておめでとうございます。
年末年始は、あれこれバタバタしてました。
いつも、年末年始といえど、通常通りの毎日を送ろうと思ってるんですけど、年賀状描いたり&書いたりとか、おせちは作らないけどお雑煮と蒲鉾と伊達巻きくらいは新年に出すことにしてるので、その準備をしたりとか、おせち素材が安くなってるのを狙って行ったスーパーが激混みで疲れたりとか、その割に安くなってない上に商品が品薄でガッカリしたとか、明けて早々は神奈川の実家&親戚をそこそこまわったりとか、息子の冬期講習があったりとか……何やかやで意外と忙しかったです。
その上、年末からの仕事が片付いてなかったので…それを一昨日ようやく納品して、昨日はその他の雑務をボチボチ片付けて…やっと落ち着いたかなー、といったところです。

数日前、家族が見ていたTV番組に、鎌倉は小町通りの「露西亜亭」が出てました。
露西亜亭、ピロシキが美味しいんですよね~
今はピロシキのテイクアウト店になってしまったけど、私がまだ学生だった頃は狭いながらもちゃんとしたレストランで、よく行きました。
行くと大体、ピロシキ、ボルシチ、ロシアンティーの3品を頼んでいたので、そのほかにメニューがあったかどうかは覚えていないけど。
当時、母の友人のロシア人も美味しいと言ってたそうな。
ブラックカラントジャムを入れたロシアンティーが美味しくてね~
実際にはロシアの人はこういう飲み方をしないとかいうことだけど、紅茶にブラックカラントジャムの甘みと酸味のバランスが極上でした。

TVに映る新年の小町通りは、相変わらずの人混みで、こーゆー場所には行きたくないわ~、と思ってしまいました。
鎌倉市民の正しい行動は、週末連休年末年始お盆にはあまり近所にお出かけしない、です。
うっかり出かけようもんなら、渋滞に捲き込まれて家に帰れなくなる★

話変わりますが、昨日の新聞(朝日新聞の別刷り)に載っていた疲れ目に関する記事の中に、近視は必ずしも「悪い目」じゃない、とありました。
遠くが見える=良い目、と思われがちだけど、遠くが見える目(遠視)は近くを見るのに適していなく、PC作業などで疲れ目になりやすいと。
翻って近視は、遠くは見えないけど、近くに焦点が合いやすいので、疲れ目になりにくいんだとか。
そういえば、私にしても、一日中PCとにらめっこの次女にしても、それで目が疲れた、と思ったことはないよね、と同感。
うちの家族は全員強い近視だけど、PCとかゲームとか読書とか絵を描くとか文を書くとか、そんなことばかりやってる人々なので、かえって良かったのかもね。
と思うことにしよう。
関連記事

COMMENT 0