2011_06
29
(Wed)14:23

ドイツ語とゴート語

なんか、アレなので(アレ?)カテゴリを分けました。
「語学」にしようかな?とも思ったけど、そこまで大層なものではないので「言葉」にしました。

さて
なんの役にも立たないゴート語の教科書を嬉しそうに眺めているバカな日々ですが、一応、いつか役に立つかも知れないドイツ語もやってます。
ドイツ語の方は、順調に遅々とした進捗具合です(意味不明)

もう何百年も前に滅びた言語であるところのゴート語なんですが、そうはいっても英語やドイツ語の親戚なので、似たような単語がポロポロ出てきて、意外とわかるもんですね。
先日ちらっと、旅のクロアチア語会話を覗いてみたんですけど、ゲルマン系言語とはかぶるところがほとんど無い未知の言語でさっぱりでした。
これならまだゴート語の方がわかるよ、と思いました。
わかっても使い道無いけど。

で、ドイツ語の話ですが、「知る」という意味の動詞、kennenとwissen
どう使い分けるんでしょ?
ニュアンスの違いがイマイチわかりません。
そう思っていたところ、ゴート語にも両方ありました。
kunnanとwitan
巻末の辞書によると、
kunnan: know, be acquainted with(知る、関係がある)
witan: know, possess knowlegde(知る、知識を持っている)
とありました。
…何となく違いがわかりそうな気がするなあ。。。
kennenとkunnanは、英語のknowですよね。
てことは、wissen、witanに関係する英単語はwiseなんでしょう。
動詞で使うことは稀になってしまったのね。

ドイツ語の方でbleiben(=英stay。お泊まりする)という単語が出てきた直後、ゴート語の方でbileiban(同じ意味)という単語が出てきたので、おー、さすが親戚、つながってるなーと感動してしまいました。
どうでもいいことですけど。

英語のstayは、一体どこからポッと出てきた言葉なんでしょうね?
関連記事

COMMENT 0

« PREV  Home  NEXT »