2011_06
08
(Wed)11:37

突発的な野望

突然ですが、思いつきでドイツ語を勉強し直すことにしました。
ドイツ語、響きが格好良くて好きなんですよね~
なんか凄く賢そう(笑
最近はネットで只で勉強できて良いですね。
たまたま英語がわかるので、ここを利用してます。
英語がわかる人は絶対英語で勉強した方が良いですよ、ドイツ語。
言語的に色々かぶってますから。
大学時代も「日本語じゃなく、英語で解説して欲しい」とよく思ったもんです。

響きが格好良いと言えば、ロシア語とイタリア語も好きです。
そのうち機会があったらかじってみたいです。
でもどっちも言語体系が英語と違うので、難しそうだなーと思います。
私は、たまたま子供の時に父の駐在でアメリカに住んでいたので、単なるラッキーで英語を覚えてしまったから、外国語を「勉強」したのって大学のドイツ語が初めてだったんですよね。
通常日本の学生がする「努力して英語を学ぶ」、ということを自分はあまりしてこなかったので、体系の違う言語ってハードルが高い気がします。
ドイツ語は英語と同じゲルマン語派ですけど、ロシア語はスラブ語派でイタリア語はロマンス語派です。
特に今、私の中ではスラブ系がマイブームなので、是非スラブ系の言葉はかじってみたい。
ポーランド語とかチェコ語とかクロアチア語あたりかな(←アルファベットが読めるから。ロシア語、読めないし)

あとちょっと興味をそそられるのがリトアニア語です。
リトアニア語は、印欧語族の古い形を保ってるらしいです。
なんか、地理的に他からの影響を受けにくかったとか何とか。
サンスクリット語に近い、とか言われるとめっちゃ興味湧きます。
印欧語族のシーラカンスですね。

とかなんとか、色々野望だけは大きく、とりあえずはドイツ語からかじっていこうと思ってます。


ドイツ語は習得すれば、明日から使える便利なツールになりますが、「明日からなんの役にも立たない」ことをするのを信条としてますんで、並行してゴート語もやっちゃおうかと。
テキスト、アメリカの書店から2,3日中に届く予定。
とりあえずこれも英語からアプローチしようかと;
ゴート語、やばいっす。
ゲルマン民族が大移動をはじめちゃった頃(4世紀)の言葉です。
資料が現存するゲルマン語派最古の言語です。
この言語の直系の言葉は現在残ってないという、絶滅した言語です。
古い言葉大好きな私としては超萌えます。

ゴート語=Gothicですが、所謂ゴスロリとかのゴシックとは違います。
関連記事

COMMENT 1

-  2011, 06. 08 (Wed) 22:25

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

« PREV  Home  NEXT »
HDD