2018_07
21
(Sat)17:33

ドイツ記2018(その11 ヘヒンゲン~シュトゥットガルト~ネッカーツィンメルン)

IMG_20180606_204811.jpg
ヘヒンゲンの朝はうるさいほどの鳥の声で目覚めました。
ずっと街中心部のホテルに泊まってきたけど、ここは自然に囲まれていて、更に夜の間結構な雨が降ったこともあり、空気は涼しく爽やかです。
部屋の窓の外に見えるこの大きな木には色んな鳥が入れ替わり来てたけど、どーゆー鳥かわかるほどハッキリは見えなかったです。
猛禽類もいたことは確か…
写ってないけど、窓の下にホテルの倉庫らしき建物が見え、その屋根の上をハクセキレイが2羽走ってました。

IMG_20180607_101649.jpg
素敵なホテルでした。
レストランだけでも利用できるし、駐車場も広いので、お近くにお越しの際はゼヒ(^o^)/
…と気楽に言ってみる★

IMG_20180607_101837.jpg
チェックアウトして、ホーエンツォレルン城へ向かいます。
つづら折りの道をのぼっていくと、駐車場(有料)に行き当たりました。
のぼってくる途中、ちょっと広めの場所があって車が何台か駐まってたけど、きっとあそこに駐めればタダなんだろうね~。
そのかわり残りの山登りを徒歩でしないといけない(;´Д`)

IMG_20180607_103413.jpg
駐車場から城へは、気合で徒歩(所要時間20分)で登るか、このシャトルバス(同5分)で行きます。
片道切符と往復切符があります。

IMG_20180607_103516.jpg
城の入口です。
この横にチケット売り場があるけど、私達は駐車場のお土産屋さんですでに買ってきました。

IMG_20180721_142934.jpg
ダンナと私のチケット。
天空の城のチケットは少なくとも2種類あるんですね。
流石に一般人にはこの空撮は無理。
下のチケット写真手前の森に隠れている部分に入り口があります。

IMG_20180607_103547.jpg
とゆーことは、城本体がある頂上とはまだ結構な高低差があるとゆーことです。
螺旋状の通路をぐるぐるのぼっていきます。
ループ橋みたい。

IMG_20180607_103646.jpg
螺旋の真ん中に井戸がありました。

IMG_20180607_103719.jpg
ここで上を見てみると…まだまだ登らないといけなそう。

IMG_20180607_103803.jpg
アメリカ人家族のおとーさんが「It's a well!」と言って井戸を覗き込んでいる脇を通り過ぎ、更に進む…

IMG_20180607_103906.jpg
跳ね橋を渡り…

IMG_20180607_104127.jpg
まだぐるぐる…

IMG_20180607_104158.jpg
途中に中庭が。
イノシシの像があったのは、昔はここで家畜を飼っていたってことを表現したいのかなあ?
なんの説明もないのでわからない。

IMG_20180607_104402.jpg
ほぼ登りきったみたいです。
ここから入りました。
城の外周を行く道になってました。
ここから入らず、もっと先へ行っても入り口はあります。

IMG_20180607_104456.jpg
入り口から少しはいると見えてくる、聖ミカエル教会。

IMG_20180607_104513.jpg
城壁からの眺め。
全方位眺望抜群!

IMG_20180607_104553.jpg
教会の壁に沿って更に行くと…

IMG_20180607_104709.jpg
歴代プロイセン王の像が並んでいました。
これは第七代プロイセン王且つ初代ドイツ皇帝、ヴィルヘルム1世。

IMG_20180607_105247.jpg
IMG_20180607_105454.jpg
IMG_20180607_105012.jpg
城壁の見張り台。
昔は歩哨がここから見張ってたんでしょうね。

IMG_20180607_105533.jpg
城壁に沿って外周をぐるーっとまわってゲートタワーにたどり着きました。
おそらくこれが正面入口。
ちなみに麓のホテルは電波無し地帯でしたが、山の上の電波状態は良好。
二人で急いでメールチェックしたのは言うまでもありません★

IMG_20180607_105846.jpgIMG_20180607_105904.jpg
ゲートをくぐってすぐの建物は、ゲート側の端部分がプロテスタント教会になってました。

IMG_20180607_105720.jpg
中庭入り口から見上げた図。
尖塔がいっぱいあるところが、いかにもヨーロッパの城っぽい!

IMG_20180607_110042.jpg
城内部へ入る人々。
だが私達は入れないΣ(゚Д゚)
内部の見学はガイドツアー(別料金)のみで、英語ツアーは午後2時だけみたいです。

IMG_20180721_143105.jpg
中に入るとこーゆー豪華絢爛な展示物が見られるっぽいです。
中も見たい!と思ってお出かけの方は時間にお気をつけください。
ドイツ語全然OKだぜ!な方、もしくはドイツ語でも英語でも変わんないぜ!という方は、ふらっと行っても大丈夫でせう。

IMG_20180607_111006.jpg
ツアー無しで見られるところを見ます。
これはさっき城壁沿いから見た聖ミカエル教会の内部。

IMG_20180607_111025.jpg
聖ミカエル教会だけど、中にあった像はドラゴンを倒してるから聖ゲオルギウスだと思うぞ。

IMG_20180607_110855.jpgIMG_20180607_110832.jpg
中に飾られている古そーーーな絵やらには何の説明書きもないので、何なのか不明。。。

IMG_20180607_111404.jpg
中庭には大砲が展示されてました。

IMG_20180607_111330.jpg
そろそろここを出ます。
写真左の建物の向こう端が、さっき見たプロテスタント教会です。
城は朝っぱらから観光客がいっぱいで人気のほどが窺えましたが、アジア系はいなかった気がする…。
アジア系にとってはまだまだ穴場かも。

IMG_20180607_113805.jpg
シャトルバスで駐車場へ戻ってくると、そこにはあのイノシシさんがいました!
行きのときは気づかなかったなあ。

IMG_20180721_143222.jpg
パンフレットの空撮案内図。
上に見えるのが駐車場。
私達はまず城壁沿いに時計回りにまわり、手前のゲートから中庭に入るルートで歩いたわけです。

IMG_20180607_132636.jpg
ヘヒンゲンを後にし、次の目的地ネッカーツィンメルンへ向かって北上します。
途中、シュトゥットガルトでお昼にすることにしました。
シュトゥットガルト中央駅(写真)近くのデパートの駐車場に車を駐めて、食べるところを探しました…が、意外と軽く食事できる店を探すのに苦戦しました。

IMG_20180607_134119.jpg
(食べかけ写真失礼!)
歩きまわって見つけたカフェ、BACK-FACTORYで食べました。
パンは特に好きでもないダンナはどうだったかわからないけど、私はかなり気に入りました。
日本進出しないかな。

IMG_20180607_161015.jpg
大都会シュトゥットガルトを後にし、更に北上します。
軽快に走っていたんですが、途中思わぬ出来事があり、迷走する羽目に。
写真は迷走区間をどうにか抜けてきて、まもなく目的地ネッカーツィンメルンの古城ホテルにたどり着くあたりです。
てか森だし。
関連記事

COMMENT 0