2018_07
06
(Fri)14:48

ドイツ記2018(その7 プラハ~ニュルンベルク)

IMG_20180605_073640.jpg
6月5日です。
今日は朝からプラハ城見学に行くので、ちょっと早起きしました。

IMG_20180605_083419.jpg
プラハ城は朝6時から開いているらしいですが、チケットは9時から販売するそうなので、9時を目指して坂をのぼります。

IMG_20180605_083940.jpg
急坂です…

IMG_20180605_084303.jpg
突き当りが見えてきました。
もう少し…
車は、渋滞しているわけではなく、駐車してます。
こんな風に、道の端を駐車スペースにしてる場所が多いです。
うちの車もホテルの前の道に駐めてますが、ちゃんとした公共パーキングってことになってます。

IMG_20180605_084733.jpg
突き当りをヘヤピンに曲がると、最後の坂。
前方に見えるオジサンはストリートミュージシャンです。
朝っぱらから日が強いので、帽子をかぶったほうが健康に良いのでは?と心配してしまいます。
この坂を登りきったところにスタバがありましたが、時間が早かったせいか誰もいませんでした。

IMG_20180605_084929.jpg
坂から見える街並み

IMG_20180605_085003.jpg
プラハ城正門が見えてきました。

IMG_20180605_085248.jpg
正門には2体の巨人像。
時間が早いせいか、衛兵さんはまだいません。
代わりに迷彩服の兵隊さんがいました。
通常はここから入れるらしいんですが、このときは左脇の小さな入口から入りました。
9時前だったせい?

IMG_20180605_085416.jpg
その小さな入口のところにオリエンテーションマップがあります。
説明の最終行が日本語!
それだけ日本人観光客が来るってことですね。

IMG_20180605_085929.jpg
第2中庭に入りました。
ここのインフォメーションなどでチケットが買えます。

KIMG0963.jpgKIMG0964.jpg
チケットにはいくつか種類があって、これは一番安いやつですかね…
見学できる施設の番号が印字されてます。
裏の地図にも丸をつけてくれました。
旧王宮、聖イジー教会、黄金小径、聖ヴィート大聖堂が見られるようです。

IMG_20180605_090822.jpg
通路をくぐると目の前に聖ヴィート大聖堂のファサードが現れます。
ファサード前の空間が狭いので引きで写真が撮れないから、全体像が撮れません。

IMG_20180605_090733.jpg
正面入口前で中国人らしきカップルがウェディング写真を撮影してました。

IMG_20180605_091800.jpg
聖堂内です。

IMG_20180605_091548.jpg
美しい肋骨穹窿。
この構造が発明されたおかげで、ゴシックの壮麗な建築が可能になりました。

IMG_20180605_091514.jpg
トリフォリアム。
なんちゃって2階ですね(笑)
ロマネスク建築までは実際に上がれる2階部分でしたが、ゴシックでは装飾として残りました。
ちなみに日本では通常トリフォリウムと言うけど、英語発音的にはトリフォリアム。
アクアリウムも同じく、アクエリアム。

IMG_20180605_091351.jpg
ローズウィンドウ

IMG_20180605_091217.jpg
内陣。
近づくには別のチケットが必要そうです…

IMG_20180605_091037.jpg
両側の壁にステンドグラスがあります。
これはその1つ。

IMG_20180605_091317.jpg
ミュシャのステンドグラスは、別途お支払いをしないとちゃんと見えないように、絶妙にロープで仕切られてます。
今回ミュシャ(チェコ語ではムハ)美術館には時間の関係で行きません。
でも、ミュシャは日本で結構人気あるから、また見る機会もあるでしょう。

IMG_20180605_092140.jpg
右側面上部

IMG_20180605_092149.jpg
右側面下部

IMG_20180605_092341.jpg
…は何か修復作業?してました。

IMG_20180605_093412.jpg
内陣の外側は絶賛工事中。

IMG_20180605_093439.jpg
旧王宮と聖イジー教会は撮影禁止でした。
写真は聖イジー教会。
落ち着いた雰囲気の素敵なロマネスク教会でした。

IMG_20180605_094547.jpg
ホテルのチェックアウト時間を考えて、カフカが一時暮らした家があるという黄金小径見学は諦めて帰ります。
聖ヴィート教会左壁側の狭い通路を通ると、頭上にガーゴイル。

IMG_20180605_094641.jpg
ミュシャのステンドグラス、せめて裏から!
…見えるわけ無いか。

IMG_20180605_095239.jpg
帰るときには正門前に衛兵さん。
めっちゃ写真撮られまくってたけど、微動だにせず。
一時間ごとに交代するけど、正午の交代式が華やかだそうですよ。
ところでこの門の内側で警備にあたっていたのは、小銃を持ったガチソルジャーでした。
そして、聖ヴィート教会前のカップルは、まだ写真撮ってました。

IMG_20180605_100604.jpgIMG_20180605_100451.jpgIMG_20180605_100539.jpg
来た道を帰る途中に寄ったマリオネット屋さん。
人形作家さんたちの作品を置いているそうです。
プラハは人形劇が有名だそうです。
国立劇場での公演を勧めてくれましたが、もうこれから発ってしまうので…

IMG_20180605_122548.jpg
そんなわけで、またドイツへ向かって出発します。
そう言えばチェコのほうが人口密度が高いのか、道路沿いに人里が見える率がドイツより高かったような。

IMG_20180605_124521.jpg
途中のサービスエリアで昼食。
バカでかいホットドッグ…。
チェコ語は全くわからないので、店員さんとの意思疎通に苦労しました。

KIMG0962.jpg
トイレを使用したときに出てきた、次回割引クーポン。
残念だが次回はないな…
ところでドイツもチェコも、公共のトイレを使うには小銭がいります。
常に小銭を用意しておくのが結構大変。

IMG_20180605_132319.jpg
前方に見えるチェコの森を過ぎるとまもなく国境です。

IMG_20180605_160325.jpg
ニュルンベルクに着きました。
写真中央の入り口が今日泊まるホテル、ブルクホテル・シュタムハウス。

IMG_20180605_154254.jpg
部屋は中庭向きに窓があって、建物正面とは全然雰囲気違います。
その部屋はというと、今回の旅中一番狭く、ビジネスホテルっぽかったです。
でも決して他と比べて安かったわけではない…
ニュルンベルクのホテル代の相場、高めです。
関連記事

COMMENT 0