2017_08
19
(Sat)12:10

ひとり出版社「岩田書院」の舞台裏



ちょうど一年ほど前に、まさかの成り行きで出版業を始めることになってしまいました。
といっても、一年経ってもまだ1冊しか出してませんよ―、だって成り行きだもの★
当初はデータを作ること、昔流に言えば組版部分のみのお手伝いと思っていたのが、色々と他人様に説明するのがはばかられる残念な事情があって(要するに人間関係問題ですね)、出版まで私がすることになっちまった次第です。
なので、当然のごとく何も準備してなかったんですよね。
だから今更後追いで勉強してます。
いやー。
良い本づくりを一途に志して頑張っている方々には失礼なヤツですね。
すみませんm(_ _)m

編集の仕事は会社員時代の自社製品マニュアルとフリーになってからの情報紙編集でやりましたが、出版業は未知の世界。
DTP屋なので、モノを作ることに関しては特に問題ないのだけど、出版者としての実務経験皆無なので何か参考になる物はないかなーと思ってあれこれググっておりまして。
すると、1人で頑張っていらっしゃる出版社さんって、結構あるんですね。
そんな方々のお仕事現場を取材した雑誌記事や本をいくつか見ましたが、だいたい「キレイな部分」しか書いていなくてあまり参考にはならなかったです。

でもこの本は、「そこまでぶっちゃけちゃっていいの?」と言うくらい赤裸々過ぎ。
「超」が付くほど専門的な本を作っている方なので、私のようなお気楽なヤツとは取り組んでいる姿勢が全然違うと思うけど、それでも出版社(者)の舞台裏がわかってとっても参考になります。
とりあえず、この方ほどは頑張れないけど、私もそこそこ頑張ればぼちぼち出来るかもー、などと勘違いしてます。
まあ、私の場合生活費は高収入(≧∇≦)bのダンナが稼いでくれているので、特に切羽詰まってもいない甘ちょろです。

ここからはテキトーな持論ですが、コンテンツのクリエイターさん達は、「内容が良ければ売れる!」と信じていらっしゃる。
私としてもそう信じたいのはヤマヤマなんですが、現実は厳しいんですよね。
人間、「第一印象の80%は見た目で評価」な生き物です。
だから私、見た目にこだわります。
書籍って、「中身で勝負だ―」と思って作られている事が多いと見え、雑誌やパンフレット類に比べてデザインがちょっとなおざりな感じが。
私はそもそもDTPデザイン屋なので、デザインにはこだわりたい。
たった1mmの違いが、見た目の良し悪しにとっては大きな差になる世界なんですよ、デザインって。
第一、見た目でまず興味を持ってもらわないと、無名出版者の本なんてスルーされるだけですから。
とか言いつつ次の出版予定ですが…
いつになるのやら…
関連記事

COMMENT 0