2016_10
21
(Fri)22:38

モニターサイズで振り分けてみた

立ち読みページ作成 その2~(^-^)/

2016年6月現在のモニター解像度番付(?)によれば、1位は1920×1080(27.13%)、2位は1366×768(19.13%)だそうです。
参照元
で、1920✕1080モニターで作った昨日のページを1366✕768で見てみたら、本が枠からはみ出して大変残念なことになっていたので、横幅1366以下用ページを別に作り、モニターサイズによって表示ページを振り分けるようにしました。

▽HTML内
〈head〉~〈/head〉に

<script type="text/javascript">
w = screen.width;
if (w <= 1366) { location.href = "A.html" };
if (w > 1366) { location.href = "B.html" };
</script>

これで、横幅が1366以下のときはA.html、1366を超えるときはB.htmlが表示されます。
もっとややこしいのかと思ったら意外にあっさり。
簡単で良かったです。

これにしたことで、スマホで見ると横幅1366以下用のページが表示されるようになりました。
…小さすぎて読めん(゚д゚)
1920用だったら辛うじて読めたけど★
なんかねー、拡大できないページなのよね。
きっとどこかをいじると拡大できるようになるんだろうけど、わからんし。
どっちみちスマホ用は別に作るつもりだけど。
そうすると、スマホでアクセスした時はC.htmlを表示する、っていうアレにしないといけないわけね。
うまくできますように。。。
関連記事

COMMENT 0