2015_06
05
(Fri)11:17

プチ自給自足庭

我が猫の額ガーデンには、年中無休で土作りに励むダンゴムシとかワラジムシとかミミズとかがいっぱい住んでいるので、フワフワした黒土がどんどん生成されます。
一昨日、レンガ道の上に大量に積もったこの土をどけながら、ふと、これって100均で買った「培養土」と見た目があまり変わらないんでは?と思いました。
たまにプランター用に土を買ってくるのだけど、もしかして、別に土は買う必要ないのでは。

150603_1709-01.jpg

土の原料は、画像奥に見えるアイビーの落ち葉。
これが手前のような土になる。
もしかして、いつもは刈り取った草を捨ててるけど、これをとっておいて積んでおけば、もっと大量の土が生成されるかも。
そしたら、玄関先で安く売ろうか。
「ダンゴムシの土」とか名前つけて★(そんな名前じゃ売れないだろ)
などと構想が広がる。
しないけど。

とりあえず、たまたまミツバの種があったので(何かでもらったらしい)自給自足の土で栽培してみようかしらん。
関連記事

COMMENT 0