2017_09
16
(Sat)17:25


某北の国が困った飛翔体を飛ばしたおかげで、何となく日本では話題になり損ねた感があるNASAの土星探査機カッシーニ グランドフィナーレ。
昨日、14億キロ彼方で、20年間に渡るその使命を終えて、ひっそり土星に沈んでいきました。
同じ飛翔体なら、こっちの方が話題になってれば平和だったのにとかなんとか思ったり。。。

大昔、ボイジャーが撮影した土星とは雲泥の差の画像。
と言っても、20年前の技術なんだよね。
今の技術を積んでいればもっと色々わかるのだろうけど、そのへんは宇宙科学者にとって歯がゆいところなんだろうなあ。

本来の予定より長く使用されたそうです。
長い間頑張りました。
お疲れ様……

ところで生物がいるかもしれない衛星タイタンに調査機が残っているそうだが、何億年か先に太陽さんが膨張して土星あたりが案外生物が住みやすい環境になって知的生命体が現れちゃったとしたら、それを見つけて「何だこりゃ?」と思うのかも。
そんな頃は地球は膨張した太陽に飲み込まれて、なくなっているだろう…



web拍手 by FC2