2015_11
25
(Wed)21:32
昨日投稿した While the Earth Sleeps のマケドニア語歌詞の話の続きです。

ネットで広まっているのは、

Dali znaesh mila majko
shto sum ne srekjna
Cel den doma sama sedam
Nadvor ne smejam

です。
これは本来マケドニア語を綴るのに使うキリル文字ではなく、ローマ文字に置き換えたものなので、ネット翻訳に入力しても翻訳されません。
なので、この英訳だとされているこれ

Do you know, mother,
How unlucky I am?
All day I sit at home,
I am not allowed outside

が本当に正しいのかどうか、マケドニア語がわからない者にはいまいちわかりません。
そのせいだと思うけど、巷でこのマケドニア語モドキと英訳が検証もされずにコピペで増殖しているようです。
さて、本当にこれで正しいのか?
どうも私、根拠が不明なものを気やすく信じられるほど素直じゃないんだよね。
裏を取らなきゃ信じられん。
そこで、ここで見つけたキリル文字版

Дали знаеш мила мајко,
Што сум несреќна,
Цел ден дома сама седам,
Надвор не смеам.

をGoogle翻訳に突っ込んでみました。
すると

Do you know dear mother,
I am unhappy,
All day I sit at home alone,
Beyond not laugh.

となりました。
分解すると次のとおりです。

Дали знаеш  do you know
мила  dear
мајко  mother
Што сум  I am
несреќна  unhappy
Цел ден  all day
дома  at home
сама  alone
седам  I sit
Надвор  beyond
не  not
смеам  laugh

あれ?
最終行だけおかしくない?
と、昨日は相成ったわけです。

Google翻訳、有難いことに発音がわかるようローマ文字版が出ます。
それが昨日貼り付けたこれ

Dali znaeš mila maJko,
Što sum nesreḱna,
Cel den doma sama sedam,
Nadvor ne smeam.

クロアチア語とかの文字を使ってるのか?
英語には無い、飾り付きのsとnがちゃんと表示されてます。
これを見ながら曲を聴くと、確かにこの発音の通りに歌ってるので、上のキリル文字版は間違いではないと思われます。
巷に流布してる英訳も、3行目まではGoogle翻訳とほぼ同じです。
なので、残る疑問は最終行の訳だけ。
巷の訳とGoogle翻訳が全く違ってんだけど。
てかGoogle翻訳、英文になってない。

よく見ると、最後の単語の綴が違ってることに気が付きました。
巷のローマ文字版はsmejam、Google翻訳版はsmeam、jがあるのと無いの。
ということは、もしかして私が見つけたキリル文字版はjが落ちちゃったスペルミスで、それで意味が変わっちゃったのかしら?と思いました。
そこで、マケドニア語のネット辞書で検索してみたところ、смеамはあってもсмејамはありませんでした。
ということは、jのない方が正しいわけよね。
でも、смеамはlaughに類する訳しか出てこない。
じゃー、巷に流布してる英訳が間違ってるのかなあ?
一語目のНадворは、この単語だけならGoogle翻訳でも out という訳が出ましたが…。
неは not だしなあ…と思いつつ、マケドニア語辞書で何気に引いてみたところ、ありましたよ~。
не смеам で、 I must not という意味になるのでした。
これで最終行は直訳すれば

Outside I must not

になって、巷の英訳と意味的にほぼ合致するじゃないか。
疑問が解消した~
あーすっきりした。

私の疑問は解消したけど、巷にスペルミスが出回ってることが判明しちゃいました。
ネット情報は検証なしに鵜呑みにするのは危険よ、という一例になってしまった。

さてこの歌詞、昨日も書いた通りマケドニア民謡らしいけど、歌の内容としては、母親に恋人との仲を割かれた娘が嘆いている、という感じみたいです。
While the Earth Sleeps が発表された90年代は、かつてマケドニアも属していたユーゴスラビアが紛争のさなかなので、恋人云々よりも違った思いをこの歌詞に馳せて曲が作られたんじゃないのかなあ、なんて思います。
web拍手 by FC2
2015_11
24
(Tue)23:31
昨日唐突に Peter Gabriel and Deep Forest の While the Earth Sleeps を思い出しました。
曲そのものを思い出したんじゃなく、曲名の語呂を思い出したんだけど。
James Cameron他脚本の映画『Strange Days』のために書いた曲。
発表当時、エンドレスループで聴いた記憶が…。
あれからもう20年とわ…(゚д゚;)

映画自体は後日TV放送で見たんだけど、エンドロールがカットされてたんで、この曲はカケラも流れなかったぞばかやろおっ★

で、知ってる人はわかると思うけど、この曲、歌詞が意味不明なのよね。
謎言語なんです。
昨日、思い出しついでに検索してみたら、どうやらマケドニア語だそうで。
一部ブルガリア語、との説もあったけど、それはきっとフィーチャーされてる女性歌手がブルガリア人だったところからの推測で、言語はマケドニア語のよう。
(でも、マケドニア語とブルガリア語はとっても似ていて、マケドニア語はブルガリア語の方言だー、という学者もいる模様…。ちなみにアレクサンダー大王が築いた大帝国マケドニアの言語はギリシャ語の方言で、現代マケドニア語とは関係ありません)
そして母語にしている人口は200万人程度というマイナー言語のマケドニア語は、多くの人の耳に全く馴染みがないので、まるで呪文のように聞こえる。
もちろんそういう効果を狙った上で採用したんだろう。

マケドニア民謡からサンプリングしたというこの歌詞部分は、ネット上の情報を総合するとこういうことらしい。

マケドニア語キリル文字表記
Дали знаеш мила мајко,
Што сум несреќна,
Цел ден дома сама седам,
Надвор не смеам.

マケドニア語ローマ文字表記
Dali znaeš mila majko,
Što sum nesreḱna,
Cel den doma sama sedam,
Nadvor ne smeam.

英訳(だいたい世間で出回ってる感じの)
Do you know, dear mother
I am unhappy.
All day I sit at home alone,
I am not allowed outside.

…なんだこれ、暗いな(-.-;)
どーゆーイミシンなのか…
元になったらしい民謡を聴いたら、特に暗い曲のようではなかったけど。
英訳最終行の訳については若干疑問あるけど、マケドニア語なだけに調査難航…

この、聞き取れる人には聞き取れるマケドニア語部分以外の歌部分は、何言ってんだか依然不明。
全く意味無しなのかもしれない。
でもちょっと英語っぽく聞こえる。
英語っぽい意味のない音の羅列をしているのかな。
でも、テキトーに音を発してるとは思えないのは、同じ音の羅列で繰り返しがあるから。
意味のある英語を、あえて聞き取れないように発音している気配も感じる。
で、ちなみにこんなふうに聞こえる気がしなくもない部分も…

on the road where the rain is splashing.

まあ、多分違うだろう★
頑張って聞き取った成果を動画に乗せてる人もいたけど、真実はきっと違うだろう。
謎めいたままの方がこの曲にふさわしいかも。

While the Earth Sleeps はインスパイアされちゃって動画に乗っけちゃいましたな人がたくさんいるので、検索すればYouTubeでいくらでも聴けますので、ご興味のある方は是非。
web拍手 by FC2
2015_11
21
(Sat)13:35
いつも、ちまちました仕事をちょろちょろこなしている、しょぼいフリーランサーの私ですが、自分的にはそこそこ大きな仕事のお話を頂いて、先日ラフを出しました。
自治体発行の観光マップの一種なんですが…以前、別の自治体の同じようなのでコンペで負けてるので、今度も負けたらやだなあ。
コンペに参加と言っても、自分は印刷屋さんの下請けなので、実際に自治体担当者さんにプレゼンできるわけじゃないので。
昔、某大学のデザイン制作の授業で講師助手バイトをやった時、コンペで勝つには、「どうだ!」とデザインを見せるだけじゃ駄目で、このデザインのこんなトコが優れてるんですよ~、な事を力ずくで相手に思い込ませることが重要なんだよー、ということを学んだので。
あのバイトは、結構高い給料を貰いながらタダで授業を受けられて美味しかった。
話それたけど、要するに、先方の担当者なんて所詮専門的なことなんてわかってないから、「なるほどそうなのかー」と思わせたもん勝ちってことです。
でも下請けの私は口を出せないので、元請けの印刷屋さんがうまく担当者さんを言いくるめてくれる(エ?)のを期待するだけです。
勝てるといいなあ。
web拍手 by FC2
2015_11
12
(Thu)11:34
昨日、リンゴとジャガイモ持参で訪れた元編集長宅で、季節のお菓子とお茶をいただきました。

151111_1413-02.jpg
11月の茶菓子、亥の子餅。
手前がスタンダードな餅菓子だけど、奥の2つはお菓子屋さん(確かくらづくり本舗…)の創作か。
ピンク故にイノシシというよりブタ?な感じの饅頭と、ワ行じゃない方の●ンパンマンみたいな顔(イノシシを表現したんだと思うが…)が乗った鹿の子。
ピンク豚は、腰痛療養中のKちゃんへの土産とし、残った二つを半分に割って二人で食べました。
●ンパンマンの顔を真ん中からザックリ…((((;゚Д゚))))
web拍手 by FC2
2015_11
09
(Mon)14:37
10年以上放置し、すっかり色褪せていた畳、裏を見たら結構色がまだ綺麗でした。
捨てようかなーと思ってたけど、このまま裏返して使おう。
これであと10年は持つぜっ
と言っても、うちに和室はないので、昔百均で買った赤いランチョンマットと花瓶敷きにしてるミニ畳の話…

151109_1326-01.jpg

普段開け放してる居間のドアの影になってて、殆ど誰にも顧みられない玄関のニッチ。
飾って(放置して?)あるものもだいたい10年以上前からある年季ものばかりです。

151109_1414-01.jpg
子供たちが小さかったはるか昔、山へ遊びに行った時に拾った松ぼっくりとドングリ。

151109_1413-01.jpg
同じく松ぼっくりと一緒に挿してあるのは、稲穂のドライフラワー。

151109_1443-01.jpg
欧州旅土産に貰った絵。

151109_1414-02.jpg
これだけが新参者の、麦のドライフラワー。
実は挿している貰いもんの緑の壺が、どうにも自分のイメージに合わずどう扱ったもんか困ったなとずっと思ってたんですが、先日ららぽでこの麦の穂を見つけ、挿してみたら俄然いい感じになりました。
稲穂といい、写真はないけどトイレに挿してある、うちの庭に生えてたエノコログサ(猫じゃらし)をドライにしたものといい、イネ科植物のドライフラワーはひなびた感じがとっても好きです。

151109_1445-01.jpg
壁にあるのは、ダンナのスウェーデン人の友人に貰った1999年版タペストリー風カレンダー。
すっかり黄ばんで、いや、茶色くなって、替えよかなと思って既に何年も経過…しているうちに、変色が全体に均一になって、最初からこんな色だったんじゃない?…に見えなくもない…
とりあえず、もーしばらくこのままでいいか★
web拍手 by FC2
2015_11
07
(Sat)01:24
毎度気になっていることが…
このブログへ検索してたどり着く方の検索ワードがログからわかったりするんだけど、毎日結構な数、critical process died で検索されてます。
ゴメンナサイ、何の解決策も書いてないです。
ブルースクリーンになっちまったよ~、やべー★程度の内容しか書いてないです。
皆さん、まじゴメンナサイ。
検索でヒットしちゃうのは不本意なんですが、どうしたもんでしょかね(~o~;)
web拍手 by FC2
2015_11
05
(Thu)11:44
夫婦別姓の件で世間が騒がしいですが、私個人的には(ミギーさんじゃないけど)名前なんてどうでもいいかな。
別に自分の人格や個性は名前で構成されているわけじゃないので、姓が変わると自分が自分でなくなったような気がする、という感覚はいまいちわからない…。
姓なんてもともと、住んでる場所だの誰それの子どもだの仕事だの役職だので家族なり一族なりの構成単位を識別するだけの符号だし、名も、親の思いが込められてるとはいえ、個人を識別するための符号だと思ってるから、自分の本質とは関わりがない。
姓名判断とか全く信じてないですゴメンナサイ。

個人的には、旧姓に特に思い入れはないし、結婚して世間になかなか無い苗字を名のることになったのは面白いことだと思ったので。
でも、出身の家の姓に愛着やこだわりがある、という考えもあるんだろうなあと理解できるし、仕事上不便というのもわかるので、別姓にするかどうかは個人でそれぞれ決めればいいんじゃない?と思っちゃうんだけどなあ。
要するに、どっちでもいいじゃん。

日本の場合、結婚して姓が変わる=妻が夫の姓になる、というのがほぼ前提。
だから、妻の姓にすると「婿養子」などとわざわざ余計な注釈をつける。
つまるところ、旧来の家父長制の残滓ではないかと思う。
だから、家父長制度を信奉する世代が生きてる間は「別姓なんてとんでもない」という人の割合も多いだろうけど、今後時が経てば自然に常識も変わっていくんじゃないのかなあ。
…なんてノンビリ待ってられるかっっ!って一部の方々には怒られそう…。

こういう論争になると、必ず「子供が可哀想」という人が出てくる。
本当に可哀想なの?
実際、グローバル視点で見ると同姓が法律で決まっている国の方が先進国では少ないわけだし。
じゃあ、夫婦同姓じゃない国の子供たちは不幸なのか?
そんなこたーないだろ。
こういうことですぐ子供を人質に使うのはちょっと狡いんじゃないかと思うこの頃…
web拍手 by FC2
2015_11
01
(Sun)14:10
このところ有難いことに仕事が切れずに入ってきているので、それを言い訳に全然読み進んでいない『The Northern Crusades』。
2,3日、間をあけてから読むと、前の部分の記憶が飛んでるので結局少し遡って読み、また寝る前に読むと、半分寝ていてページだけ進んで内容が入ってないので、次回結局遡って読み…を繰り返していたので、第5章は何べんも読んでしまったような。
おかげさまで何回も同じ単語を辞書で引いたので、割と覚えた。
ただ、覚えた単語がカトリック教会関連の言葉ばかりなので、今後使う機会が全く無さそうなところが残念過ぎる★

151101_1144-01.jpg
辞書のお爺ちゃんと孫。
大きさだけじゃなく、発行年月日的にも爺ちゃんと孫。
大辞典の方はだいぶ古いけど、気安く買い換えようと思えるお値段じゃない…。
シャーペンはサイズ感の比較のために置いてみました…

通常読む時に使っているのは小さい方なのだけど、特殊な単語は載ってないので、その時は爺さん(?)の出番になるのです。
そして、現状読んでるのが特殊な本なので、小さい辞書には載っていないことがチョイチョイあるのです。
で、昨日小さい方に載っていなかった単語を大辞典で引いてみたら、そっちにも載ってなかった…
誤植?
そこでネット検索してみたら、綴のバリアントでした。
大辞典にも載ってないか~…うちのが古いから?
問題の単語はdisseising。
通常の綴はdisseizingでdisseizeの現在分詞。
でも、語源が中世英語のdisseisenということなので、sで良いのかも。
sが濁る発音に変化していって、いつの間にやらzに置き換わったんでしょうか。
類語のseizeも同様jのバリアントがあるようです。

さて、昨日読んでいたところに、さも当たり前なようにGolden Hordeとゆーのが出てきまして。
... the Golden Horde of Mongols, which reached the Volga in 1236 ...ということで、モンゴル人のヨーロッパ侵攻のことね、というのはわかったけど、何でGolden?
当然小さい方の辞書には載っていなかったけど、大辞典には載ってました。
いわゆる、キプチャク汗国のことでした。
金で装飾したゲル(遊牧民のテント)を宮殿にしていたので、東方の遊牧民の脅威に晒されていたロシアで「金のオルダ(=ゲル)」と呼ばれて、そのロシア語から直訳したんですね。
漢字表記の「金張汗国」も「金のテントのハンの国」って意味なわけですね~。
そーだったのかー
年号や国名や事変名を通り一遍に覚えた学校の勉強の先には、まだまだ知らないことがいっぱいあるなあ。
「黄金のオルダ」は汗国が自称したものなのかしら?
それとも、外部からの見た目で呼ばれていた?
汗国自身は自分たちの国をどう呼んでいたのかしら?
ウィキペディアをみるとジョチ・ウルスというのがあるけど。

Goldenはそれでいいとして、Hordeの方は現代英語では大集団という意味だけど、語源は印欧語ではなくモンゴル語かチュルク(トルコ)語で「王室の屋敷」といった意味だそうです。
以前に読んだ『ことばの道』に東方語源のロシア語の話があったので、もう一度読んでみようかな。
この本は読後感想も書いてなかったな。
また読んだら書こうかな。
web拍手 by FC2