2015_08
27
(Thu)11:31
150827_1015-01.jpg
久しぶりに英書読んどります。

150827_1015-02.jpg
アルファベットって、パッと開いた時に何が書いてあるかわからないのよね。
読まなくても見れば意味がわかる漢字って素晴らしい。
戦後、アルファベット化されなくて良かったよ日本語。

内容は北方十字軍に関するもので、この分野ではかなり評価の高い本です。
前から読みたいなあと思っていたので、少し前についに買ったんですが、いやあ…なかなか読み進みませんねえ。
まだ第一章だあ。
文章自体はそう難しくないんだけどねえ。
忘れてるとか知らないとか日本語では習ったけど英語は知りませんでしたとかの単語がいっぱい出てくるので…。

忘れてる、知らない、な単語は単に自分の勉強不足なわけで恥じ入るだけだけど、日本語では習いましたがねえ、な単語がワサワサ出てくるのは案外面白いです。
例えば、新石器時代とか、十分の一税とか、簡単そうなところで農奴とか、確かに学校で習いましたよ、日本語で。
でも英語は知らんかったわー、ってな単語がいっぱい出てくるんですね。
そーかー、英語ではこういうのかー、というのがいちいち新鮮。
でも、脳が老朽化してるので、一回で覚えられないから、だいたい同じ所を2回ずつは読んでます。
なので、ものすっごい亀の歩み。
北方十字軍関連の英書は前にも読んでるので、多分その時調べたけどすっかり忘れてる単語も多数あるんだろう。
tithe…、音的には覚えていたよ。意味忘れてたけど(ちなみにこれは「十分の一税」)


しかも、著者はイギリス人のせいか、若干文章表現が遠回し。
アメリカンみたいに直截的じゃないのよね。
先日車に乗ってた時に聴いていたラジオで、イギリス英語とアメリカ英語の違いというテーマでそれぞれの国のハーフタレントさんが喋ってたんだけど、イギリス人の表現は回りくどい、と。
要するに、丁寧なんです。
英語に敬語なんて無いと思ってる人もいるかもしれないけど、それは間違いです。
英語の敬語表現は、思いっきり回りくどく婉曲に表現することなんです。
というわけで、この本もどうやら丁寧なイギリス英語で書かれているらしい。

あと、時々文語や古語が出てくるのよね。
例えば、「奴隷」といえば普通slaveだし、この本でもほとんどがslaveとなってるんだけど、たまにthrallになってる。
thrallなんて知らなかったんで辞書で引いてみたら、「(文)奴隷」ってあった。
イギリス人だったらこの文語を普通に知ってるんかしら?
slaveとthrall,、どういうニュアンスの違いで使い分けてるんかしら?
そこんとこがよくわからん。
日本語で言ったら「奴隷」をたまに「奴婢」にしてみました、な感じなのかなあ。
…とまあ、そんな謎単語がたまに出てくるわけです。

昨日読んだ部分には、資料からの引用だから仕方ないけど、いきなり中世英語(Middle English)が出てきました。
英語圏の皆さん的には、知ってて当たり前な「古文」、てところなのかな。
幸い、古代中世英語学は大学で授業をとったんで、大体わかりました。
というか、中世英語は現代英語に似てるので結構誰でもカンでわかると思う。
古代英語はむしろドイツ語に近いので、カンじゃ読めませんが。

そんなわけで、読了がいつになるか見当もつかないけど、がんばろー
web拍手 by FC2
2015_08
23
(Sun)12:22
150822_1346-01.jpg
実家に寄ったら、ハイビスカスが4輪咲いてました。
母によると、一度に4輪も咲くのは珍しいのだそうな。
(3輪はわかると思うけど、4輪目は写真下方真ん中寄りに黄色く写ってるやつ。日があたってこんな色に撮れてしまったが本当は赤)

150822_1348-01.jpg
やや斜めに撮ろうと思ったのに、風が強かったので、シャッターが切れた瞬間にこっちを向いたため正面撮りになった。

150822_1137-01.jpg
弟が母のPCをメンテナンスしたついでにWin10にした。
従来風のスタートボタン復活。
web拍手 by FC2
2015_08
18
(Tue)13:19
2年はもつはずのパセリをヨトウムシに食いつくされて(一部ちっちゃいしゃくしゃくも食ってたけどね)、今年はキアゲハちゃんの来訪を諦めていたけど、どこか遠くからうちの庭にやってきて蛹になろうとした子がいたようです。
でも、前蛹になる前に死んじゃったみたい。
糸をうまくかけられなかったのかな。
せっかくここまで大きくなったのに。
せっかくうちに来てくれたのに。
自然界は厳しい。

↓死んでる写真なので、気持ち悪いと思う人は見るのをやめよう
web拍手 by FC2
2015_08
16
(Sun)17:08
先日、8年間の闘病の末に亡くなった叔母のお葬式に行ってきました。
とても綺麗な叔母でした。
うちの親族はキリスト教徒が多いので、葬儀も教会で行われました。
本格的キリスト教式だったので、通夜なし、お香典の受付なしでした。
もちろん戒名もいりません。
自分がキリスト教徒で良かった、と思うことはそんなにないですが、自分の葬式は簡素にやってねということが堂々と言えるのだけは、キリスト教徒でよかったと思います。
きっと、叔母もそうやってシンプルに送ってもらって、喜んでいると思います。
ようやく辛く長い闘病生活から解放された叔母の冥福を祈ります。
web拍手 by FC2
2015_08
09
(Sun)14:05
150808_0953-01.jpg
可愛い…

一昨日行ってきた上野科博の「生命大躍進展」で買ってきた、ウミサソリのぬいぐるみ。
山のようjに棚に積み重なって売られてました。
ウミサソリは、展示されてた生命体中、たぶん2番人気。
一番人気だと思われるアノマロカリスのぬいぐるみは、既に売り切れでした。
実は、三葉虫ぬいぐるみも相当可愛くて欲しかったんだけど、大きさはこれより小さいのに、値段は倍以上もしたので諦めました。
売れる、と確信のあるウミサソリとアノマロカリスは大量生産したから安かったのね。

私らが行った日に、入場者が10万人を超えたんだそうな。
道理で混んでたわ。
夏休み、というものを甘く見てました。
甘く、というより、認識がすっ飛んでました。
いわゆる「子供」世代が、うちからいなくなって久しいので。。。

会場に入ってすぐに、細かいヒトビトの団体さんに行く手を阻まれました。
幼稚園児と思われる彼ら、あの展示を見てわかるのか?
見学を企画した大人、ちょっとレベルを間違ったんじゃないか?
動物園とか水族館とかのほうが良かったんじゃないか?

まあとにかく子供が多くて、ちょっと騒々しかったです。
展覧会系は、会期が終わりに近づくに連れ混みあう、の法則から、早めに行ってしまったんだけど、9月以降の夏休み後にするべきだったかも。

でも、展示そのものは面白かったです。
貴重な実物標本が数多く展示されていたし。
カンブリア紀のあのぺっちゃんこな化石から、どうやって生きていた当時の形を復元したのか、さっぱりわかりません。
研究者の皆さんのたゆまぬ努力の成果なのでしょう。
ハルキゲニアが、想像していたよりもずっと小さかったです。
あの小さい物体がひょこひょこ海底を歩いていたんだな。

今回は大学生の息子に誘われて、一緒に行きました。
折しも今日の新聞に、子供の反抗期についての記事が載っていたのだけど、うちの息子に関して言えば、特に反抗期があった気はしません。
中学生の頃も、普通に彼の方からよく話しかけてきたし。
そもそも、子供に「こうしろ」という親からの主従関係の押し付けがなければ、反抗自体する必要がないのでは?
私は個人的に自分の親との関係で思うところがあったので、自分の子供に対しては、牽引するのではなく後ろで支える黒子に徹しようと思ってきまして…。
その分、頼りない親だと思われてるだろうけど、子供達自身は、自分で考えて行動するようになったんじゃあないのかなあ。
そうだったらいいなあ。
web拍手 by FC2
2015_08
04
(Tue)17:24
暑すぎて活動したくない~。

よそに比べてエアコン使用率がめっぽう少ないうちでも、さすがに今年は使いたくなる酷暑です★
絶対去年より暑い。
だって冷蔵庫が、去年は中設定のままで問題なかったけど、今年は強にしないとアイスが柔らかいとかチーズが溶けるとかあれやこれやの問題が。

150803_0756-01.jpg
もしゃもしゃ生えてる常緑のリュウノヒゲが、今年は葉っぱが茶色になってきた。
日陰でも暑くて弱ってきたのかな?

150803_0757-01.jpg
ナントカデイジー(てきとー)
かつて、今はプジョーさんが停まってるところに勝手に生えてきて、種が落ちるのか毎年生えては花を咲かせていたのだけど、プジョーを買った時に別の場所に移植したら枯れてしまった。
また生えてこないかなーと思ってたら、ヤオコーで売ってたので買いました。
猛暑の中でも、ピラカンサの木陰に置いているせいか、なんとか元気。

150731_1228-01.jpg
玄関脇のイチゴちゃん。
玄関脇は、ボーボーに生えていたヒルガオとかスギナとかを抜いてイチゴだけ残したら、日除けがなくなり西日の直接攻撃を受けて、イチゴの一部があっという間に枯れちゃいました。
そんな中、これは生き残った株。
新芽も出てきたので、生き延びて欲しい。
雑草と言われる草も役に立っていたんだなあ。
今後はウッカリ抜かないようにします。
web拍手 by FC2