2015_11
25
(Wed)21:32
昨日投稿した While the Earth Sleeps のマケドニア語歌詞の話の続きです。

ネットで広まっているのは、

Dali znaesh mila majko
shto sum ne srekjna
Cel den doma sama sedam
Nadvor ne smejam

です。
これは本来マケドニア語を綴るのに使うキリル文字ではなく、ローマ文字に置き換えたものなので、ネット翻訳に入力しても翻訳されません。
なので、この英訳だとされているこれ

Do you know, mother,
How unlucky I am?
All day I sit at home,
I am not allowed outside

が本当に正しいのかどうか、マケドニア語がわからない者にはいまいちわかりません。
そのせいだと思うけど、巷でこのマケドニア語モドキと英訳が検証もされずにコピペで増殖しているようです。
さて、本当にこれで正しいのか?
どうも私、根拠が不明なものを気やすく信じられるほど素直じゃないんだよね。
裏を取らなきゃ信じられん。
そこで、ここで見つけたキリル文字版

Дали знаеш мила мајко,
Што сум несреќна,
Цел ден дома сама седам,
Надвор не смеам.

をGoogle翻訳に突っ込んでみました。
すると

Do you know dear mother,
I am unhappy,
All day I sit at home alone,
Beyond not laugh.

となりました。
分解すると次のとおりです。

Дали знаеш  do you know
мила  dear
мајко  mother
Што сум  I am
несреќна  unhappy
Цел ден  all day
дома  at home
сама  alone
седам  I sit
Надвор  beyond
не  not
смеам  laugh

あれ?
最終行だけおかしくない?
と、昨日は相成ったわけです。

Google翻訳、有難いことに発音がわかるようローマ文字版が出ます。
それが昨日貼り付けたこれ

Dali znaeš mila maJko,
Što sum nesreḱna,
Cel den doma sama sedam,
Nadvor ne smeam.

クロアチア語とかの文字を使ってるのか?
英語には無い、飾り付きのsとnがちゃんと表示されてます。
これを見ながら曲を聴くと、確かにこの発音の通りに歌ってるので、上のキリル文字版は間違いではないと思われます。
巷に流布してる英訳も、3行目まではGoogle翻訳とほぼ同じです。
なので、残る疑問は最終行の訳だけ。
巷の訳とGoogle翻訳が全く違ってんだけど。
てかGoogle翻訳、英文になってない。

よく見ると、最後の単語の綴が違ってることに気が付きました。
巷のローマ文字版はsmejam、Google翻訳版はsmeam、jがあるのと無いの。
ということは、もしかして私が見つけたキリル文字版はjが落ちちゃったスペルミスで、それで意味が変わっちゃったのかしら?と思いました。
そこで、マケドニア語のネット辞書で検索してみたところ、смеамはあってもсмејамはありませんでした。
ということは、jのない方が正しいわけよね。
でも、смеамはlaughに類する訳しか出てこない。
じゃー、巷に流布してる英訳が間違ってるのかなあ?
一語目のНадворは、この単語だけならGoogle翻訳でも out という訳が出ましたが…。
неは not だしなあ…と思いつつ、マケドニア語辞書で何気に引いてみたところ、ありましたよ~。
не смеам で、 I must not という意味になるのでした。
これで最終行は直訳すれば

Outside I must not

になって、巷の英訳と意味的にほぼ合致するじゃないか。
疑問が解消した~
あーすっきりした。

私の疑問は解消したけど、巷にスペルミスが出回ってることが判明しちゃいました。
ネット情報は検証なしに鵜呑みにするのは危険よ、という一例になってしまった。

さてこの歌詞、昨日も書いた通りマケドニア民謡らしいけど、歌の内容としては、母親に恋人との仲を割かれた娘が嘆いている、という感じみたいです。
While the Earth Sleeps が発表された90年代は、かつてマケドニアも属していたユーゴスラビアが紛争のさなかなので、恋人云々よりも違った思いをこの歌詞に馳せて曲が作られたんじゃないのかなあ、なんて思います。
web拍手 by FC2
スポンサーサイト
2015_11
24
(Tue)23:31
昨日唐突に Peter Gabriel and Deep Forest の While the Earth Sleeps を思い出しました。
曲そのものを思い出したんじゃなく、曲名の語呂を思い出したんだけど。
James Cameron他脚本の映画『Strange Days』のために書いた曲。
発表当時、エンドレスループで聴いた記憶が…。
あれからもう20年とわ…(゚д゚;)

映画自体は後日TV放送で見たんだけど、エンドロールがカットされてたんで、この曲はカケラも流れなかったぞばかやろおっ★

で、知ってる人はわかると思うけど、この曲、歌詞が意味不明なのよね。
謎言語なんです。
昨日、思い出しついでに検索してみたら、どうやらマケドニア語だそうで。
一部ブルガリア語、との説もあったけど、それはきっとフィーチャーされてる女性歌手がブルガリア人だったところからの推測で、言語はマケドニア語のよう。
(でも、マケドニア語とブルガリア語はとっても似ていて、マケドニア語はブルガリア語の方言だー、という学者もいる模様…。ちなみにアレクサンダー大王が築いた大帝国マケドニアの言語はギリシャ語の方言で、現代マケドニア語とは関係ありません)
そして母語にしている人口は200万人程度というマイナー言語のマケドニア語は、多くの人の耳に全く馴染みがないので、まるで呪文のように聞こえる。
もちろんそういう効果を狙った上で採用したんだろう。

マケドニア民謡からサンプリングしたというこの歌詞部分は、ネット上の情報を総合するとこういうことらしい。

マケドニア語キリル文字表記
Дали знаеш мила мајко,
Што сум несреќна,
Цел ден дома сама седам,
Надвор не смеам.

マケドニア語ローマ文字表記
Dali znaeš mila majko,
Što sum nesreḱna,
Cel den doma sama sedam,
Nadvor ne smeam.

英訳(だいたい世間で出回ってる感じの)
Do you know, dear mother
I am unhappy.
All day I sit at home alone,
I am not allowed outside.

…なんだこれ、暗いな(-.-;)
どーゆーイミシンなのか…
元になったらしい民謡を聴いたら、特に暗い曲のようではなかったけど。
英訳最終行の訳については若干疑問あるけど、マケドニア語なだけに調査難航…

この、聞き取れる人には聞き取れるマケドニア語部分以外の歌部分は、何言ってんだか依然不明。
全く意味無しなのかもしれない。
でもちょっと英語っぽく聞こえる。
英語っぽい意味のない音の羅列をしているのかな。
でも、テキトーに音を発してるとは思えないのは、同じ音の羅列で繰り返しがあるから。
意味のある英語を、あえて聞き取れないように発音している気配も感じる。
で、ちなみにこんなふうに聞こえる気がしなくもない部分も…

on the road where the rain is splashing.

まあ、多分違うだろう★
頑張って聞き取った成果を動画に乗せてる人もいたけど、真実はきっと違うだろう。
謎めいたままの方がこの曲にふさわしいかも。

While the Earth Sleeps はインスパイアされちゃって動画に乗っけちゃいましたな人がたくさんいるので、検索すればYouTubeでいくらでも聴けますので、ご興味のある方は是非。
web拍手 by FC2
2014_09
23
(Tue)15:09
今期のキリトくんはやけに可愛いな~v、と思って毎週楽しみにしてるソードアートオンライン、なーぜか皆さん揃いも揃って「スティーブン」と読み間違えていたくだんの STERBEN の読みがようやく正しく明かされました。
(でも「“ス”テルベン」と言ってた。ドイツ語読みするなら“シュ”だと思うけど)

お色気看護師さんが言ってたとおり「死」という意味ですが、細かく言えば、
Sterben(名詞) 死
sterben(動詞) 死ぬ
…と言うことですか…。
ドイツ語辞書、息子に貸しちゃったから手元にないけど★

この単語、勘がいい人ならすぐわかるでしょうが、英語の starve と同語源です。
英語の意味は「飢える」ですが、古い時代には「死ぬ」という意味もありました(オクスフォード辞書に書いてありました)。
現代では、その意味は廃用になってます。
英独語と近い親戚関係のオランダ語では sterven=死ぬ の意味で使ってますから、まあ、どう考えても元々はstarveも「死ぬ」という意味だったんでしょうね。
でもどうしたわけか、英語ではいつの間にか「餓死」限定の言葉になり、そのうち「死」の意味も微妙に抜けたみたいです。
「腹減って死にそー」と言うとき、I'm starving to death なんて言うわけですが、昔の意味が残っていたら、「死にそうで死にそう」「餓死して死にそう」というわけのわからん表現になるとこです。
(でもドイツ語で~Tod sterbenと使うから、別におかしくないか)

「飢え」「飢える」という意味では hunger(ドイツ語はHunger、hungern) があるので、何もわざわざ starve を同じ意味で使わなくても良かったんじゃないかと思うけど、アングロサクソン族の歴史の中に、死と言えば餓死、という厳しい時代があったんでしょうか?
などと、遠い時代に思いを馳せてみたり。
言葉とか地名って、タイムカプセル的な要素があるから、面白いと思うのです。

資料が現存する最古のゲルマン語であるところのゴート語で、starveにあたる単語を探しましたが、見つかりませんでした。
そういう言葉はあったのかもしれないけど、現存する資料には残ってない、ということかも。
「死」を意味するもう一つの英単語、 death、die ですが、こちらはゴート語にもちゃんと(?)あります。
dáuþus(名)、dáuþjan(動) (文字化けするかな?)
動詞の方は実際には細かい意味の違いによって前置詞的なオマケがつきます。
ドイツ語で言ったら Tod の方です。
Tod と Sterben、同じ「死」ですが、Todの方は現象、状態としての死、Sterbenは死ぬこと、死にゆくこと、というニュアンスがあるような気がします。
あ、私の勝手なイメージです。
本当にそうだと思わないようにしませう★


オマケの追記
ゴート語で hunger(英語動詞) は huggrjan
綴りの見た目が違うけど、これは、ゴート語ではggでngの発音を表しているため、表記上の違いです。
~janの部分は、ドイツ語の~enと同じで、動詞原型の語尾です。
通常~anですが、単語によってこのように~janになる場合があります。
ちなみに“j”は、ドイツ語同様、英語の“y”の発音です。

もっと脱線
“j”と“y”と、更に“g”は、元は同じ文字なので、言語によって英語の“y”の発音になります。
あれ?もしかしたら“i”も同じかも?
ケルト系の苗字でYates(日本語ではイェイツとかって表記する)ってあるけど、これってむかーしはGeatsと綴ったんじゃないかと思ってる。
ちなみに英語的に言えば、ビル・ゲイツのGates。
見てわかるとおり、“門”から来た名前なので、先祖の職業が門番だったのかも。
web拍手 by FC2
2012_04
20
(Fri)11:59
ドイツ語本を買いました。大学以来です。
120420_1113~01

左の『Deutsche Geschichite』(読み方:ドイチェ ゲシヒテ)は、『ドイツの話』という意味だと思うけど、要するに『ドイツの歴史』の本です。
アマゾンの「なかみ拝見」で見たところ、読めそうな気がしたし、レビューでは現地の中学生レベルということだったので、まあ、ちょうど良いかな?と思って買ってみました。
ドイツ語、一応大学でやっているので、読む分には、辞書を最大限駆使して何とかなると思うのです。
幸い英語とかなり似ている言語なので、単語の意味さえわかればあとは結構勘で何とかなるもんです。
そうやって卒論のための資料も読みましたから~☆
ドイツ語の勉強をしつつ、ついでにドイツの歴史もわかってしまうという一石二鳥を狙いました。
中身はこんな感じ。
120420_1114~01

中学生レベル、ということだけど、ドイツに中学生というカテゴリーが存在するのか?というのは別の話。
ドイツは、日本やアメリカと違って複線型教育なので、大体10歳(ベルリンは12歳らしい)で基礎学校を修了すると、その後は進級先によって将来が決まってしまうらしい。
少女漫画でお馴染みのギムナジウムは、大学進学コースなのだそうだ。
最近では、「そんなに小さいうちに将来を決めてしまって良いのか?」という議論もあって、融通の利く総合学校というのが選択肢として人気があるそうな。
いつぞや、「減少しつつある職人的技術者を育てるためには、日本も早いうちから専門教育をするドイツ的複線型教育を考えてはどうか」という意見を新聞で見たけど、それはどうなのかなあと私は思ってしまう。
路線変更が困難な複線型より、いつでも変更したり、途中下車してもまた復帰できる単線型、私は悪くないと思うんだけどなあ。

もう一冊の方は、写真にそれを表すドイツ語と英語が付いてる便利本。
「これはドイツ語でこう言うのね」というのがお手軽にわかりそうなので買ってみました。
120420_1115~01
6000語以上載ってるらしい。
まあ、暇な時に眺めるのに良いでしょう。
web拍手 by FC2
2012_04
16
(Mon)12:56
昨日の日記に書いた「アプローチ」という言葉、しっくりくる日本語が浮かばなかったからこれにしちゃったのよね。
入り口?進入路?何か違うな。
一番近い感じがするのは「参道」だったりするのだけど、寺社じゃあるまいし変よね。
この間だぁりんと話していた時、referという意味の日本語を言いたかったんだけど、しっくりくるのが浮かばなくて内心あわあわしてしまった。
「参照」ってほど大袈裟な意味合いじゃなかったので、もっと適切な日本語を使いたかったんだけど、出てこなかったですわ。
実家の親兄弟と話す時はそのまま英語で言ってしまうのだけど、そうじゃない環境だと困る。
日本語の語彙が少ないんだけどさ。
いや、英語の語彙はもっと少ないけど。
でも、帰国子女の皆さんには、この感じ、わかってもらえると思う。

言葉って、その国の文化、歴史、生活習慣、環境などなどに大きく関わっているから、完璧に他の国の言葉に置き換えるのって無理だと思う。
日本語のわびさびを英語で表現しようとしても、なかなか難しいでしょう。
逆もまた真なりと言うことで。
よく、「日本語は語彙が豊富」「表現力豊か」と言われるけど、それは、日本に関わる事象について表現する時だけに当てはまるわけで、前にも書いた気がするけど、別に日本語だけが他の言語に比べて突出して語彙が豊富だの表現力豊かだのって事ではないと思う。
だってその国・文化圏に無い事象については、それを表す言葉がないのは当然だから。
逆を言えば、ある事柄に関する言葉が多くあるって事は、それがその言葉を話す人々にとって身近だったり重要だったりするからでしょう。
日本語に四季を表現する言葉が多いのは、日本に四季があるからなわけだし。

ドイツ語をやりながら、そんなことをつらつら考えたり。。
日本語と英語は特に勉強することなく身についてしまったので、間違った用法や違和感のある表現は「何か違う!」と感覚的にわかるけど、勉強して習得しようとしているドイツ語だと、そーゆーやや電波的な能力が使えない。
ここはihnなのかihmなのか?ってな違い、咄嗟にわかんないよ。
ちなみにどっちも英語で言えばhimなのかな?
ドイツ語的わびさびがわかるようになるのは、おそらくだいぶ先だなあ。
一生わかんないかもしれない。
web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。