2018_07
15
(Sun)17:55
このところ実家行きやら何やかやと用事があって、なかなか更新できませんでした。。。
何とか頑張れ!私の記憶!

IMG_20180606_132017.jpg
さて、BMWミュージアムを出た後、ミュンヘンの中心街にお買い物(ダンナの)に行きました。
車は公園脇の縦列スペースに駐めました。
写真とは別のところですが(;´Д`)
でもこんな感じで、道の端が駐車場になってるところが多いです。

KIMG0971.jpg
他の車を見ると、ダッシュボードに何やら券が置いてあるので、きっと有料なんだろーねーと思い、近くにそれとなく設置してある(緑色で目立たない)券売機で駐車券をゲット。

IMG_20180606_131217.jpg
ダンナのお目当てはRIMOWAのスーツケース。
中央駅の近くにある店に向かいます。
店はダンナについていっただけで自分では全然情報がなかったんだけど、多分 Lederwaren Hetzenecker という、RIMOWAが安く手に入ることで有名な店です。


ダンナが買ったのは多分これじゃないかなあ?

KIMG0970.jpg
日本で買うより相当安かったっぽい。
接客してくれたお兄さんがインドネシアの方でした。
たまたまダンナもほんのちょっと前にインドネシア出張に行ってきたばかりだったので、話がはずみました。

IMG_20180606_161144.jpg
この日はヘヒンゲンという町に向かいます。
途中最高速度(180km/h)出しました。
風景の流れ方が漫画みたい。

IMG_20180606_161653.jpg
景気よくアウトバーンを飛ばしていたのに、ナビに騙されて?3桁下道に。
田舎道を走ることになっちゃいました。
このルートはナビ的に最短だったのだろうけど、ちょっと大回りになってもアウトバーンをもう少し走って、2桁の2車線道路を行ったほうが速かったんじゃないかなー?
この日は暑くて、持っていた水が底をついてしまったのだけど、田舎故にお買い物できる場所もなく…

KIMG0946.jpg
途中通りかかったニュルティンゲンという町でようやくスーパーを見つけ、水にありつけました。
写真はその時ついでに買ったチョコ。
でも結局帰国するまで食べなかった。
スーパー隣のガソリンスタンドで給油もしたので、後は目的地を目指すのみ。

IMG_20180606_174336.jpg
無事2桁道路に合流してしばらく行くと、目的地ヘヒンゲンにあるホーエンツォレルン城が見えてきました。
周囲を睥睨する山の上に立つ天空の城として有名な城です。
日本ではノイシュヴァンシュタイン城ばかり有名なので、知る人ぞ知る、かも。

IMG_20180606_182214.jpgIMG_20180606_182239.jpgIMG_20180606_182226.jpg
ホテルの駐車場に着いたとき、この旅初めての雨が降って来ました。
ホテルは城が建つ山の麓の「ブリールホフ」。
ツーベッドルームにリビングつき、広くて落ち着いた雰囲気で自然に囲まれた、とても素敵なところです。
「一週間くらい滞在したい」とダンナが言うくらい、めちゃくちゃオススメ。
ただ、大きい街から離れてるので、車じゃなかったらどうやって来るの?とか、幹線道路のすぐ脇なので、車の走行音が気になる人にはどうかな?とか…
一番の問題は、電波ゼロ地帯
ホテルのフリーWIFIはあるのだけど、私のタブレットとダンナのPCはつながらず、唯一ダンナのスマホだけつながったけど、スマホじゃ仕事にならないとゆーことで…
電波ゼロは今回の旅でここだけでした。

IMG_20180606_192044.jpgIMG_20180606_192231.jpg
ホテルのレストランで夕食。
ビールと、突き出し?

IMG_20180606_194253.jpgIMG_20180606_194305.jpg
サラダとパン。

IMG_20180606_193533.jpgIMG_20180606_193542.jpg
ホワイトアスパラのリゾットと、豚肉…だったかな?の煮込み料理、ニョッキつき。
イケメンで感じのいいお兄さんにサーブしてもらって、美味しくて素敵なディナーでした。

IMG_20180606_204301.jpg
部屋の窓からは、林と草原の向こうにホーエンツォレルン城が見えます。

IMG_20180606_204228.jpg
この写真を子どもたちに送ったら、娘から「ファンタジーの世界だ!」との返信がありました。
web拍手 by FC2
2018_07
10
(Tue)16:31
IMG_20180605_171750.jpg
ホテルに帰ってきました。
少し休んでから、ダンナと街の散策にでかけます。

IMG_20180605_185500.jpg
城を背に坂を下っていくと、大きな教会がありました。
これは内陣側ですね。

IMG_20180605_185544.jpg
側面…

IMG_20180605_185749.jpg
聖セバルドゥス教会。
ルター派の教会だそうです。

IMG_20180605_190221.jpg
更に行くと、クリスマスマーケットで有名なニュルンベルクの中央広場、ハウプトマルクト。
もちろん今はクリスマスじゃないので、クリスマスっぽいものは売ってませんが、いろいろ露天が出ていたようです。
でももう時間は夜なので(明るいけど)皆さん撤収作業中。

IMG_20180605_190352.jpg
広場に面してそびえるのはカトリックの聖母教会。
さっきの聖セバルドゥス教会はルター派教会。
ルター派の街でも、中心にあるのはカトリック教会なのね。
先に建てたもん勝ち?
毎日正午に仕掛け時計が動くそうです。
午後6時までだったら中も見学できたみたいです。

IMG_20180605_190848.jpgIMG_20180605_191039.jpg
広場でまだ営業中の店でオレンジジュースを買いました。
注文をすると手前の冷蔵庫からオレンジを取り出して、カップが一杯になるまで贅沢に数個絞ってくれました。
生搾りオレンジ、うまい( ´∀`)

IMG_20180605_191842.jpg
街の真ん中を流れるペグニッツ川(運河化している)を渡ってしばらく歩きましたが、20年近く前に訪れたことのあるダンナにとっては、雰囲気がだいぶ変わっていたようです。
この橋の左向こうにもスタバが見えますが、当時あったドイツらしい地元の店が無くなって、良さげに言えばグローバル、悪く言えばどこにでもあるような店ばかりになってました。
前回ドイツを訪れたときにニュルンベルクが一番良かったと言っていたダンナは、ちょっと寂しそうでした。

IMG_20180605_194205.jpg
夕食は、デューラーハウス近くの醸造所レストランへ。

IMG_20180605_195351.jpgIMG_20180605_201115.jpg
お客さんが何故かアジア人ばかり!
アジア人向けの旅行ガイドに紹介されているのか?
醸造所ということで期待したけど、ビールも料理も、そして接客もイマイチでした。
ニュルンベルクはリベンジしたいですね。
ゲルマン国立博物館にデューラーの本物も見に行きたいし、中央広場の賑わいや教会も見たいし、きっと探せば美味しいドイツ料理屋さんもあるだろうから。
次回は最低2泊。

IMG_20180606_072618.jpg
翌朝の朝ごはんは、中庭の緑を見ながらゆったり…
とか言いつつ食べ物しか撮ってこなかった(;´Д`)
レストラン、ちょっと狭いけどとっても雰囲気良かったのよ~

IMG_20180606_085843.jpg
6月6日、旅も終盤です。
今日は当初予定してなかったミュンヘンに行くことにしました。
アウトバーンを走ってると、しょっちゅう白線と黃線の両方あります。
白線が本来の線で、黄線は、中央分離帯側が工事で閉鎖中なのでとりあえず今はこれ、って感じの線です。
日本だったら3車線あるうちの1車線を通行止めにするところだけど、ドイツは車線を減らさないで無理やり残りの部分を三分割するんですね。

IMG_20180606_085916.jpg
おかげで高速道路なのに車線狭っっ!
大きなトラックだと幅が目いっぱいです。
でも皆さん、徐行するという発想は全く無いようで、ふつーーーにスピード出してます。

IMG_20180606_102919.jpg
さてミュンヘンは、BMW本社がある街。
まずは BMW WELT(英語で言えばWORLD)に来ました。
ここは無料で入れる展示館です。

IMG_20180606_103029.jpg
マットホワイトのびーえむさん、気になります。
写真じゃマット感が再現できなくて残念です。

IMG_20180606_103909.jpg
ミニさんもいますよぅ

IMG_20180606_105447.jpg
広ーい館内。
でも現行モデルを全部展示してあるわけではなくて、それを期待していたダンナには物足りなかったみたい。

IMG_20180606_105612.jpg
この界隈全部びーえむさん関係みたいですが、中でも目立つ本社ビル。
その右下に見えるのがBMWミュージアムです。

IMG_20180606_113429.jpg
ミュージアムは二輪車エンジンから始まる同社の歴史を追った展示になってました。
でも日本みたいに丁寧に順路が案内されているわけじゃなく、広いのも手伝って、歩き回るのにかなり疲れました。

IMG_20180606_114345.jpg
見学後、館内のカフェでランチ。
デニッシュと大盛りサラダにコーヒーです。
web拍手 by FC2
2018_07
08
(Sun)15:39
IMG_20180605_154606.jpg
ニュルンベルクはデューラーの街。

IMG_20180605_154547.jpg
ホテルの階段にもデューラー版画のコピーが飾ってあります。

IMG_20180605_160536.jpg
プラハから意外と時間がかかったので、ニュルンベルクに到着したのは夕方です。明るいけど。
最初からまずデューラーハウスに行くつもりで、なるべく近いホテルを選んだので、早速行きます。
運転で疲れているダンナはホテルで休憩。
ホテルはニュルンベルク城まで徒歩1分。

IMG_20180605_160801.jpg
IMG_20180605_161007.jpg
城の脇の道を行きます。
こう見えて、結構車が通ります。

IMG_20180605_161116.jpg
城壁すぐ脇の広場。
ぐるっと飲み屋さんが立ち並んでいて、すでに賑わってます。

IMG_20180605_161158.jpg
その広場の一角に、デューラーハウス。
自宅兼仕事場です。

IMG_20180605_161453.jpg
1階(ドイツ的には地階?)のチケット売り場に、デューラーさんと弟子たち?の絵。
この時点で「あと45分で閉館です」と言われたので、駆け足で見ることに。

IMG_20180605_161619.jpg
主要作品が飾ってありますが、複製画のようです。
川向うのゲルマン国立博物館には本物があるらしいですが、今回は時間の関係でそっちは行けません。

IMG_20180605_161800.jpgIMG_20180605_161707.jpg
複製画家さんによって微妙に違うのが面白い…

IMG_20180605_162103.jpg
屋根裏まで入れると、6階くらいまでありそう。。。
日常生活に階段の上り下りが大変。。。
ヨーロッパの古い街の建物は、割と縦方向に高いですねー。
今の日本じゃ、タワーマンションとか上の階のほうがお値段高いでしょうが、エレベーターがなかった時代、上の階のほうが安い部屋だったそうです。
あ、でもここは一軒まるごとデューラーさんちだったんでしょうが。

IMG_20180605_162136.jpg
デューラーさんが住んでいたときのまま家の調度品が残されていたわけではないので、展示してあるのはもう少し時代が下った頃のものみたいです。
部屋も、実際にどの部屋をどう使っていたかは不明とのことです。

IMG_20180605_162524.jpg
IMG_20180605_162618.jpg
版画の印刷も、本人が自宅でやっていたそうです。

IMG_20180605_162539.jpg
活字!!

IMG_20180605_162550.jpg
IMG_20180605_162809.jpg
IMG_20180605_162831.jpg
版木や道具

IMG_20180605_163814.jpgIMG_20180605_162453.jpg
キッチンだけが、確実にその用途がわかる部屋です。
それも、1階と2階(日本的には2、3階)に2つあります。
デューラー夫妻と母親が分けて使っていたのか、他に住んでいた人がいたのか、旅人を泊めたのか、不明だそうです。

IMG_20180605_163941.jpg
ちゃんとシンクもあります!

IMG_20180605_164914.jpg
デューラーハウスを出ると、すぐ城壁。

IMG_20180605_165625.jpg
ニュルンベルク城も見て帰ることにします。
来た道より一本城壁寄りの道を、城壁を見上げながら歩きます。

IMG_20180605_165941.jpg
入り口です。
かなりの坂…

IMG_20180605_170110.jpg
結構な坂…

IMG_20180605_170154.jpg
短いけど相当な急坂です。
昔の家臣は城にたどり着くまで大変だったろうなー。

IMG_20180605_170254.jpg
インナーゲート

IMG_20180605_170350.jpg
…をくぐると中庭。

IMG_20180605_170909.jpg
無料で見られるのは外観部分だけみたいですね。
この塔の中に、城建造当初(13世紀末)に築かれたとされる50メートルの深さの井戸がありますが、ガイドツアーじゃないと見られないみたいです。

IMG_20180605_170947.jpg
塔の脇の門を抜けると…

IMG_20180605_171057.jpg
展望台です。
ニュルンベルクの街が一望できます。

IMG_20180708_123620.jpg
IMG_20180708_123750.jpg
中を見学しなかったので、せめてパンフレットをもらってきました。
web拍手 by FC2
2018_07
06
(Fri)14:48
IMG_20180605_073640.jpg
6月5日です。
今日は朝からプラハ城見学に行くので、ちょっと早起きしました。

IMG_20180605_083419.jpg
プラハ城は朝6時から開いているらしいですが、チケットは9時から販売するそうなので、9時を目指して坂をのぼります。

IMG_20180605_083940.jpg
急坂です…

IMG_20180605_084303.jpg
突き当りが見えてきました。
もう少し…
車は、渋滞しているわけではなく、駐車してます。
こんな風に、道の端を駐車スペースにしてる場所が多いです。
うちの車もホテルの前の道に駐めてますが、ちゃんとした公共パーキングってことになってます。

IMG_20180605_084733.jpg
突き当りをヘヤピンに曲がると、最後の坂。
前方に見えるオジサンはストリートミュージシャンです。
朝っぱらから日が強いので、帽子をかぶったほうが健康に良いのでは?と心配してしまいます。
この坂を登りきったところにスタバがありましたが、時間が早かったせいか誰もいませんでした。

IMG_20180605_084929.jpg
坂から見える街並み

IMG_20180605_085003.jpg
プラハ城正門が見えてきました。

IMG_20180605_085248.jpg
正門には2体の巨人像。
時間が早いせいか、衛兵さんはまだいません。
代わりに迷彩服の兵隊さんがいました。
通常はここから入れるらしいんですが、このときは左脇の小さな入口から入りました。
9時前だったせい?

IMG_20180605_085416.jpg
その小さな入口のところにオリエンテーションマップがあります。
説明の最終行が日本語!
それだけ日本人観光客が来るってことですね。

IMG_20180605_085929.jpg
第2中庭に入りました。
ここのインフォメーションなどでチケットが買えます。

KIMG0963.jpgKIMG0964.jpg
チケットにはいくつか種類があって、これは一番安いやつですかね…
見学できる施設の番号が印字されてます。
裏の地図にも丸をつけてくれました。
旧王宮、聖イジー教会、黄金小径、聖ヴィート大聖堂が見られるようです。

IMG_20180605_090822.jpg
通路をくぐると目の前に聖ヴィート大聖堂のファサードが現れます。
ファサード前の空間が狭いので引きで写真が撮れないから、全体像が撮れません。

IMG_20180605_090733.jpg
正面入口前で中国人らしきカップルがウェディング写真を撮影してました。

IMG_20180605_091800.jpg
聖堂内です。

IMG_20180605_091548.jpg
美しい肋骨穹窿。
この構造が発明されたおかげで、ゴシックの壮麗な建築が可能になりました。

IMG_20180605_091514.jpg
トリフォリアム。
なんちゃって2階ですね(笑)
ロマネスク建築までは実際に上がれる2階部分でしたが、ゴシックでは装飾として残りました。
ちなみに日本では通常トリフォリウムと言うけど、英語発音的にはトリフォリアム。
アクアリウムも同じく、アクエリアム。

IMG_20180605_091351.jpg
ローズウィンドウ

IMG_20180605_091217.jpg
内陣。
近づくには別のチケットが必要そうです…

IMG_20180605_091037.jpg
両側の壁にステンドグラスがあります。
これはその1つ。

IMG_20180605_091317.jpg
ミュシャのステンドグラスは、別途お支払いをしないとちゃんと見えないように、絶妙にロープで仕切られてます。
今回ミュシャ(チェコ語ではムハ)美術館には時間の関係で行きません。
でも、ミュシャは日本で結構人気あるから、また見る機会もあるでしょう。

IMG_20180605_092140.jpg
右側面上部

IMG_20180605_092149.jpg
右側面下部

IMG_20180605_092341.jpg
…は何か修復作業?してました。

IMG_20180605_093412.jpg
内陣の外側は絶賛工事中。

IMG_20180605_093439.jpg
旧王宮と聖イジー教会は撮影禁止でした。
写真は聖イジー教会。
落ち着いた雰囲気の素敵なロマネスク教会でした。

IMG_20180605_094547.jpg
ホテルのチェックアウト時間を考えて、カフカが一時暮らした家があるという黄金小径見学は諦めて帰ります。
聖ヴィート教会左壁側の狭い通路を通ると、頭上にガーゴイル。

IMG_20180605_094641.jpg
ミュシャのステンドグラス、せめて裏から!
…見えるわけ無いか。

IMG_20180605_095239.jpg
帰るときには正門前に衛兵さん。
めっちゃ写真撮られまくってたけど、微動だにせず。
一時間ごとに交代するけど、正午の交代式が華やかだそうですよ。
ところでこの門の内側で警備にあたっていたのは、小銃を持ったガチソルジャーでした。
そして、聖ヴィート教会前のカップルは、まだ写真撮ってました。

IMG_20180605_100604.jpgIMG_20180605_100451.jpgIMG_20180605_100539.jpg
来た道を帰る途中に寄ったマリオネット屋さん。
人形作家さんたちの作品を置いているそうです。
プラハは人形劇が有名だそうです。
国立劇場での公演を勧めてくれましたが、もうこれから発ってしまうので…

IMG_20180605_122548.jpg
そんなわけで、またドイツへ向かって出発します。
そう言えばチェコのほうが人口密度が高いのか、道路沿いに人里が見える率がドイツより高かったような。

IMG_20180605_124521.jpg
途中のサービスエリアで昼食。
バカでかいホットドッグ…。
チェコ語は全くわからないので、店員さんとの意思疎通に苦労しました。

KIMG0962.jpg
トイレを使用したときに出てきた、次回割引クーポン。
残念だが次回はないな…
ところでドイツもチェコも、公共のトイレを使うには小銭がいります。
常に小銭を用意しておくのが結構大変。

IMG_20180605_132319.jpg
前方に見えるチェコの森を過ぎるとまもなく国境です。

IMG_20180605_160325.jpg
ニュルンベルクに着きました。
写真中央の入り口が今日泊まるホテル、ブルクホテル・シュタムハウス。

IMG_20180605_154254.jpg
部屋は中庭向きに窓があって、建物正面とは全然雰囲気違います。
その部屋はというと、今回の旅中一番狭く、ビジネスホテルっぽかったです。
でも決して他と比べて安かったわけではない…
ニュルンベルクのホテル代の相場、高めです。
web拍手 by FC2
2018_07
05
(Thu)16:54
IMG_20180604_120406.jpg
プラハのふつーーーの街中です。
観光客はほぼいなそうです。
プラハ入りして、まずスーパーに寄りました。
Googleさんで「近くのスーパー」で検索したら出た BILLA というスーパーです。
街のこの風景に溶け込んでいて、外観頼りじゃ絶対見つけることが出来なかったでせう。
Googleさんありがとう。
駐車場はないので、車はここから少し離れたところに路駐しました。
[P]ってなってたので、多分路駐していい場所だろうと…
チェコ語読めないので、カンです。
この写真はスーパーの前から道を撮ったものです。
スーパーの中と外観も撮ってみたかったけど、万一不審者と思われても困るのでやめました。

IMG_20180604_123311.jpg
スーパーでは水とお昼ご飯を買いました。
コンビニがないので、買えるときに水を買っとかないとヤバイです。
道を歩けばコンビニに当たる日本って、なんて便利なんだろーと思います。

オイシソーなパンが山ほど売っていた中から、3つ選びました。
何しろチェコ語読めないから、詳細は不明。
エストニアのときもそうだったけど、基本地元客しか来ない前提のスーパーは、現地語表記しかありません。
ヨーグルトドリンクと思われるものと、クリームチーズらしきものを買ってみました。
結果、どっちも概ねその通りだったんですが、ヨーグルトドリンクは香料が強い上に甘くて、クリームチーズはしょっぱかったです。
下に敷いている黄色いのは、スーパーの袋(有料)です。
マイバッグ持参が基本なんだろうと思います。


お昼は近くの公園に行って食べました。
その後ダンナはしばし仕事。
ネット環境があれば遠い外国にいても仕事ができちゃうのって、いいのか悪いのか(^_^;)

IMG_20180604_125201.jpg
私は暇なので、公園内をウロウロ。
カササギ発見!
光線の具合で紫に写っちゃってるけど、白黒です。

IMG_20180604_125244.jpg
エストニアにもいっぱいいたジャックドウ。

IMG_20180604_130030.jpg IMG_20180604_132129.jpgIMG_20180604_130457.jpg
公園内の植物。

IMG_20180604_130506.jpg IMG_20180604_130532.jpg
謎の木と実のアップ1

IMG_20180604_133057.jpg IMG_20180604_133044.jpg
謎の木と実のアップ2

IMG_20180604_130128.jpg
公園はモルダウ(独語。チェコ語ではヴルタヴァ)川を望む高台にあります。

IMG_20180604_141552.jpg
公園でチェックイン時間まで時間をつぶしてから、ホテル「ウシュネル」へ。

IMG_20180604_141613.jpg
期待以上に、とても素敵なホテルです。

IMG_20180604_172213.jpg
プラハ城にもカレル橋にも近い、絶好のロケーションです。
うちは車で行ったけど、トラムの駅も激近なので、公共交通機関を使う旅行者にもオススメです。

IMG_20180604_172232.jpg
ホテルの前のこの道をのぼっていくと、プラハ城です。

IMG_20180604_172543.jpg
逆方向に行くと、カレル橋です。
この時点でもう、観光客いっぱい。

IMG_20180604_173418.jpg
で、カレル橋は観光客で溢れ、橋が見えん(;´Д`)

IMG_20180604_172924.jpg
欄干に聖人像がたくさん並んでます。
とりあえず1つは写真撮っとこう…と思って撮りましたが、これが誰だかはまだ調べてません…

IMG_20180604_174013.jpg
橋の両端に塔があります。
これはプラハ城の逆側、旧市街側の塔です。
門の役割をしてたんでしょうね。

IMG_20180604_174225.jpg
橋を渡ってすぐにあるカトリック教会。

IMG_20180604_181056.jpg
旧市街の広場と、有名なティーン教会。

IMG_20180604_183752.jpg
ぶらぶら歩いているうちに、カレル橋の2つ隣の橋まで来てました。
これは、1つ隣のマーネスーフ橋まで戻って、カレル橋を撮った写真。
人がいっぱいいますねー。
プラハの街は素敵だけど、観光客が多すぎて、ダンナはちょっと興ざめだったようです。

IMG_20180604_185348.jpg
IMG_20180604_190223.jpg
IMG_20180604_201151.jpg
IMG_20180604_190234.jpg
ホテルへの帰り道の途中にあったレストランで夕食にしました。
2枚めは肉料理じゃなくてサラダです(゚д゚)!
メインディッシュの白いのは、マッシュポテトじゃなくて大根おろし、じゃなくてホースラディッシュおろし?
すっごい辛いです。
唐辛子っぽい付け合せかと思ったらやっぱり唐辛子だった赤いのも、辛かったです。
チェコ人、辛いのが好きなのかな?
肉はやや甘めの味付けです。
スープは、ご飯にかけたいくらい味濃いめでした。

IMG_20180604_202842.jpg
レストランの外観。
人混みからちょっと離れていて、静かです。

IMG_20180604_203747.jpg
トラムが抜けてきたトンネルの向こうにホテルがあります。
この道はトラム専用じゃなく、車も普通に通ります。
web拍手 by FC2