2018_09
16
(Sun)01:20
20180916005812224.jpg
でっかい本を買いました。

201809160059075ca.jpg
厚みもなかなか…
親指の第一関節分くらいあります。

201809160126228ef.jpg20180916010110578.jpg
図版はオールカラー。
これで900円足らずとか、アマゾンさん安すぎ!!!
なんか、アマゾンアウトレットってやつだった。
普通のはもっと高い。
ラッキー❤

頑張って読みまうす…多分…そのうち…
この分野は日本語でしか読んだことがないので、固有名詞の英語表記が日本語の何にあたるのか、すぐにはわからなかったりするかも。
例えば、Xiongnu が匈奴だったり…

うん、また積ん読の山が高くなった。。。

web拍手 by FC2
2018_08
23
(Thu)15:29

Ancestral Journeys: The Peopling of Europe from the First Venturers to the Vikings

日本語訳するとしたら、タイトルは『ヨーロッパ人はどこから来たか?』って感じかな?
遺跡から採取されたDNAと、現在住んでいる人達のDNAをもとに、過去から現在に至るヨーロッパ人の移動を解明しようという本。
面白かったですよー。
でも、いかんせんヨーロッパオンリーの話だから、日本語訳は出ないだろうなあ。

検証した時代は旧石器時代からヴァイキングの時代まで。
ヨーロッパに現生人類が到達したのは4万6000年前、と書かれてます、前書きに。
ちなみに日本に到達したのは3万8000年前くらいだそうです。
やっぱりヨーロッパの方がアフリカに近いからなあ。
それにしても他の人類種(すべて絶滅)が何十万年も前に出アフリカしていったのに比べて、発祥から10万年以上もアフリカ内で悶々としていた(かどうかは知らないけど)ホモサピが5,6万年前のある日アフリカから一歩踏み出してから全世界に拡がるまでの拡散の速さったら凄いもんですね。
何がホモサピに起きたんだろうか?
…ということに関してはこの本には書いてないけど、要は人類は(アフリカを出て以降)絶えず移動していたってことです。
人の移動、というと、つい「ゲルマン民族の大移動」を思い浮かべてしまって思考停止しそうだけど、別に大移動したのはゲルマン民族だけじゃないよ、というかむしろ人類にとって大移動は常態だったんだよ、ということをこの本は示唆しています。

よく「先祖代々この土地に住んでいる」を理由に領有権を主張するものだけど、実際のところどの程度代々続いていたかなんてわからないわけで。
そもそも「昔から〇〇」とか「伝統」とか「しきたり」とか言われるものも、その起源を探ってみると案外ここ最近50年、100年程度のことがよくあるらしい。
人がひとり直接見聞きできる「歴史」は、祖父母から聞く話を最古に、せいぜい100年分だというから。
(最近は寿命が伸びてるから120年分くらいになってるかもしれない…)

人の移動範囲にまあまあ制限がある島国日本の場合は条件が違うかもしれないけど、ユーラシア大陸の西端、アフリカ大陸ともぐるっと回れば地続きなヨーロッパは、絶えず人の流出入があった、ということをDNA解析から導き出しています。
移動の原因になるのは主に気候変動で、寒くなった、暑くなった、植生が変わった、獲物がいなくなった、などを契機に別天地を求めて歩き回った、というのが人類のもともとの生態なんでしょう。
ん?ということは、かつてアフリカは10万年以上にわたってホモサピにとって生き延びやすい環境だったのかな?

最近環境問題がかまびすしく言われて、やれ「異常気象」だやれ「地球が悲鳴を上げてる」だの言われるけど、環境が変わっていくのが地球のデフォルト、たかが過去1万年ほど気候が安定していて人類の繁栄にとって都合が良かったからと言って、その状態が永遠に続くなんて夢々思うことなかれ、ってことだと思います。
…ということを説いている本ではないけど。
むしろ、日本人にはなかなか理解しにくいヨーロッパの複雑な民族問題を念頭に、民族の純血なんて妄想で、人はもっと複雑に入り混じり合っているんだよ、ということを言外に言おうとしている気がする。

最近は考古学・歴史学に科学が取り入れられて、従来「状況証拠的に多分こうだよねー」な感じの推測だったり、研究者の個人的偏見だったりした見解が、科学的考察によって証明されたり覆されたり新発見があったりしてて面白い。
もともと考古学って理系と文系のハザマみたいな学問なので、これからはより客観的に色々と解明されていくでしょうから、楽しみです。

残念ながら著者は今年の春に亡くなったそうです。
もともとは建築史家だったようですが、近年はヨーロッパの先史時代から古代の歴史に興味を移し研究していたみたいです。
その集大成のような本なのかな?
きっとまだまだ研究したいことがたくさんあったでしょうね…。
RIP
web拍手 by FC2
2018_08
07
(Tue)17:54
ドイツ旅日記は前回で終わりです。
もう2ヶ月も前のことだけど、意外と覚えてたなー。
タブレットで撮った写真のファイル名がちゃんと現地時間になってたから、それとレシート類を突き合わせると結構思い出せました。
で、お土産…

KIMG0986.jpg
プラハのマリオネット屋さんで買いました。
他にも買ったけど、もうあげてしまった。
謎の動物は新聞紙でできてます。

KIMG0987.jpg
可愛いものがいっぱいあったよ。
これはネックレス。
店はネットショップもあります。
チェコ語だけど(゚Д゚;)
こちら

KIMG0988.jpg
これもプラハで買ったマグネット。

KIMG0989.jpgKIMG0945.jpg
バウムクーヘンを買えなかったので、空港の免税店に最後の期待をかけたけど、お菓子類はほぼチョコレートしか売ってなかったΣ(゚Д゚)
どうやらドイツ人はチョコレートが大好きらしい。
国民一人あたりのチョコレート消費量が世界一なんですと。
白い箱の方はきちんと棚に並べられてたいかにもお土産っぽいので、ダンナが会社用に買ったもの。
袋の方はワゴンに山積みされていたもので、自宅用。
これがなかなか美味しかった。
もうひと袋くらい買っておけば良かったな。

あとは絵葉書くらいで、お土産はあまり買いませんでした。
スキャン画像が最後にあります。

そうそう、ホテルには日本と違ってスリッパがないので、JAL機内備え付けのスリッパを持っていきました。
一週間以上、壊れもせずちゃんと使えました。
さすが日本の装備品!
web拍手 by FC2
2018_08
03
(Fri)16:14
旅も最終日。
午前11時に車を返し、荷物も預けて、19時20分発のフライトまで時間を潰さないといけません。

さて、車ですが、返却時間が迫っていて焦っていたので、返す前に給油するのを忘れてました。
…と係の方に伝えたところ「問題ありません」とのことでしたが、ダンナがあとからカード明細を確認したところ結構お高い料金がかかっていたそうなので、自分で給油したほうが安かったんじゃないかと言ってました。
レンタカーを返すときは事前給油を忘れずに☆
あと、今回ハプニングで予定の車と違うのになってしまったけど、変更するならたとえ料金が高くなっても高スペック車にすれば良かった…と反省。
あのときは急なことで咄嗟の判断ができなかったけど、もしまたこんな事態があったときは迷わず良い車にしよう、と固く決意しました。ダンナが。
助手席に乗ってても加速の伸びが悪いのがわかったから、運転してても面白くなかったことでしょう。

車が無くなって、街歩きするのにスーツケースは邪魔なので預けることにしました。
駅構内の案内表示を見て荷物預かり所に行ったんですが、先に来ていた旅行者さんが戸惑っているような不穏な雰囲気…。
聞けば、「もうイッパイらしい」とのこと。
日本だったら「満」とかの表示が出てそうなもんだけど、そんなもんは見当たらず、ブスッとした顔でこっち見てるカウンターのオバちゃんに聞かないと教えてもらえないらしい。
私達は先に来てた方に聞いたけど。
そこで「どうしよう」と戸惑っていたら、また別の通りすがりの方が「向こうにもっとありますよ」と教えてくれました。
親切な方、ありがとう!
行ってみるとそこはコインロッカーがズラッと並ぶ地帯。
日本だったら預かり所に「こちらにコインロッカーあります」とかって案内図が出てるよね、きっと。
ここに限らず色々なところでこういう感じのことがあったけど、ドイツが不親切なのか、日本がやり過ぎなのか、それは見方によりますね…

Frankfurt--Main--Hbf_locationPdf-data.png
フランクフルト中央駅構内案内図
さて。
コインロッカーを使用するには小銭が必要です!
…いくらだったか忘れたけど、付近に両替機は見当たりません…。
持ち合わせがなかったので、構内の店でカプチーノを買って紙幣を崩しました。

その後地下のトイレに行きました。
トイレを使用するには小銭が必要です!

KIMG0979.jpg
1人50セントです。
公共のトイレを使うには大概チップが必要です。
いつも財布に小銭を用意!が基本です。

IMG_20180608_120359.jpg
荷物を預けてトイレにも行き、ダンナがネットで見つけた店を探して街歩き。

IMG_20180608_113825.jpg
フランクフルトの八百屋さん。
日本だとちんまりパック詰めになって売られているチェリーもビワも、無造作にガサっと売られてます。
今日帰るんじゃなかったら買いたかった!

IMG_20180608_115218.jpg
フランクフルトの無印良品。
値段は日本の2、3倍(商品による)と高かったです。
高級品だね!

IMG_20180608_115900.jpg
ファーバーカステルだ!
ファーバーカステルの色鉛筆はお絵かきに愛用しました。

IMG_20180608_120510.jpg
ダンナが会社の人達へのお土産にバウムクーヘンを買おうと検索したけれど、今どきバウムクーヘンなんてトラディショナルなお菓子は本家ドイツでメジャーじゃないのか???
想像したような店がなかったです。
そこでとりあえず来てみたお菓子屋さん。
やっぱり商品はだいぶイメージと違う。。。

IMG_20180608_121708.jpg
オープンレストラン併設なので、そこで昼食にしました。
昼食と言いつつ、私が頼んだのはケーキ。
「デザートですが?」と確認されちゃいました。
大丈夫、ダンナと分けて食べるんで、とはいちいち言いませんでした★

IMG_20180608_123128.jpg
ダンナはパスタを頼んだんだけど、だいぶイメージと違うものが来ました。
大きいラビオリ、または小さいラザニアみたい。

結局イメージするバウムクーヘンが無かったし、他を見て回るにも時間的に微妙だし、とりあえずもう空港へ行っちゃおうということになり、電車に乗りました。
でも来たときに乗った在来線っぽいのと違って、間違って急行に乗っちゃったかも?
これ乗っちゃって良かったの?とドキドキしてましたが、幸い何事もなく空港駅に到着しました。
らっきー?

しかし、空港駅からターミナルまで行くのがよくわからなかったー。
来たときはスカイラインという無料モノレールに乗って駅へ行ったんだけど、今回は「ターミナル2」という案内表示で向かった先はシャトルバス乗り場でした。
しかも、超やかましい高校生集団(なんか部活? 某かの男子選手とチアの女子集団)と乗り合わせてしまった。
他の乗客はみんな黙って我慢してたけど、やかましさ半端なかった。
ガキどもが~ヽ(`Д´)ノ

後で調べたら、スカイライン乗り場はターミナル1にあるみたいでした…。

IMG_20180608_142435.jpg
そんなこんなでフランクフルト空港着。
時間がまだ早いのでチェックインできません。

IMG_20180608_151652.jpg
最初に座っていた席をちょっと外したスキに座るところが無くなってしまったので、上の階に行ってみたらコンセント付きの席が空いてました。
さっきの席よりむしろ良かったじゃん!ということで、ダンナはパソコン開いてひとしきりお仕事。
私は暇だったので、構内を警戒中のおまわりさん(いっぱいいる)をタブレット見てるフリしてこっそり撮影。
(いかにも「撮ってます」って様子を見せたらどっかに連行されそうで怖い)
持ち歩いてる銃が日本じゃーありえねぇぇ(゚д゚)!

IMG_20180608_171859.jpgIMG_20180608_172354.jpgIMG_20180608_172455.jpg
そんなおっかない武装のおまわりさんが突然やってきて、何かの理由で座っていたスペースが急遽閉鎖になり追い出されたのでチェックインしました。
免税店でお買い物してからラウンジに移動。
ダンナのお得意様力で利用できるJALのサクララウンジが、ここにもちゃんとありました。
トマトジュースはー…昨今の日本の商品の多くが塩分控えめか無塩なので、久しぶりに飲むしょっぱいヤツでした。

IMG_20180608_172404.jpg
窓の外に例のスカイラインが見えます…

IMG_20180608_172618.jpg
スカイラインの下は車の入り口らしいんだけど、4方向に分かれていてわかりにくいらしく、しょっちゅう車が手前で停まったり、方向を変えるためにバックしたりするので、ちょいちょいプチ渋滞になってました。

フランクフルト空港のセキュリティーチェックは、肩幅に脚を開きバンザイして装置の中に立ち、カメラがぐるっと一周回るやつでした。
そーいえばモスクワのシェレメチェボ空港は靴まで脱いだなー…と思い出しました。
国によって色々なんですね。

さて、ミュンヘンで買ったRIMOWAですが、機内持ち込みにしました。
ダンナがググったところ、その方が免税手続きが面倒くさくないみたいだったので。
出国手続きした後に免税手続きの窓口に行きます。
こちらに詳しいです。

IMG_20180608_195909.jpg
マイン川を照らす夕日。
現地時間19時50分頃フランクフルト空港を離陸しました。
帰りもまた翼のところだったよ(´゚д゚`)

IMG_20180608_195920.jpg
空から見るフランクフルト、大都会だねー。
バイバイ、ドイツ。
また来るよ。

IMG_20180608_213238.jpg
で。
離陸後1時間したら夕食が出てきました。
ビーフシチューか鶏の照焼の二択だったので、ビーフシチューにしました。
付け合せは、エブリ麦のサラダ、うどん、フレッシュサラダ、フルーツです。
ブレッドアンドバター付き。
…炭水化物多め…。
麦のサラダはお腹いっぱい過ぎて食べきれませんでした。

KIMG0985.jpg
行きのミネラルウォーターは軟水でしたが、帰りのこれはバリッバリに硬水で、日本人の舌にはなかなか厳しい味でした。
カルシウムとマグネシウムがいっぱい入ってますー、と書いてあるし。

IMG_20180608_220542.jpgKIMG0944.jpg
デザートはハーゲンダッツの初めて見るでかい!サイズとチョコバーでした。
麦のサラダは食べられなくてもアイスは別腹!
チョコバーは持って帰りました。

帰路はほとんどの時間が夜(という設定?)で、機内は照明が落とされて暗くなってました。
窓の外に見える月(多分。太陽だったりして)とそれが照らす雲海が恐ろしく綺麗だったんだけど、窓を明るくして(窓にはカーテンが付いているわけではなく、窓そのものの明暗が5段階くらいに変えられる)写真を撮るのは近くの皆さんに迷惑かと思ったので自粛したんですが…
撮っておけばよかったなー。
撮ろうかなあ?と思ったものは迷わず撮っておくべきですね。

あまり寝られなかったけど、ちょうどウトウトしていた頃に突然朝食がやってきました!
びっくりし過ぎて写真撮るの忘れたわ★
メニューは、焼き鮭と卵焼き茶飯添え、ミックスサラダ、ヨーグルト、フルーツ。
久しぶりに食べた和食、塩辛いと感じました。
日本人は塩分のとりすぎに注意しましょう。

KIMG0943.jpg
飛行機から降りた途端、モワッとした湿った空気が暑かったです。
日本ってやっぱり湿度高いんだなあ。
成田空港で待っていたミニさんに乗り、家路につきました。
行きは荒川沿いを通ったような気がするけど、帰りは牛久大仏が見えるコースでした。
web拍手 by FC2
2018_07
27
(Fri)16:13
IMG_20180607_165109_201807271052478a7.jpg
6月8日朝6時。
今朝は廃墟感溢れる城本体に突入します。
なんでこんな朝早くからかというと、レンタカーを予定より早い11時に借りたため、今日の11時までにフランクフルトのレンタカー屋に返さないと追加料金がかかっちゃうので、とっととここを出発しないといけないからです。
そんなわけで、午前10時開店のワインショップ併設博物館を見ることは出来ませんでした。残念。

IMG_20180608_064125.jpg
城に入るには、ワインショップでコインを買います。
昨日閉店間際に飛び込んで買っておきました。
1人4ユーロです。
「朝は何時から入っていいですか?」と聞いたところ、「何時でもいいですよ」とのことだったので、朝食前に突入します。

IMG_20180608_064239.jpg
城壁に小鳥さん!!
フォルム可愛すぎ!

IMG_20180608_064343.jpg
入り口です。
右の回転扉から入ります。
コインを入れると一回動きます。
実は、一回失敗しました。
コインを入れたあと、みだりに扉を触らないようにしましょう(;´∀`)
ダンナのコインがあって良かった!(二人で一緒に入った)

IMG_20180608_064403.jpg
入り口脇に城内図があります。
こういう城は大体そうですが、創建時の小さな砦から徐々に増築していって現在の姿になってます。
図では造られた年代を色分けして示しています…が、微妙にわかりにくい図だな。
しかもピント合ってないし;

IMG_20180608_064508.jpgIMG_20180608_064559.jpgIMG_20180608_064705.jpg
IMG_20180608_064719.jpg
古城ホテルの多くは改修されてキレイになっているそうですが、ここの廃墟感は半端ないです。

IMG_20180608_070621.jpg
IMG_20180608_064801.jpgIMG_20180608_064902.jpgIMG_20180608_064937.jpg
改修はしてないけど、廃墟感を維持するために(?)あちこち補強されてます。

IMG_20180608_065019.jpg
中庭かな?

IMG_20180608_070155.jpg
屋根の多くの部分は無くなっているようです。

IMG_20180608_065032.jpg
中に入ります。
大砲がありました。

IMG_20180608_065101.jpg
階段は流石に上りやすいように段差を低く改修してるみたい。

IMG_20180608_065124.jpgIMG_20180608_065143.jpg
IMG_20180608_065204.jpg
基本、説明がないんでよくわかりません…

IMG_20180608_065649.jpg
塔からの眺め。
眼下に今度こそ正真正銘ネッカーツィンメルンの町。
朝靄がかかってます。

IMG_20180608_070115.jpg
礼拝堂

IMG_20180608_070036.jpg
いつぞやの城主は謎レリーフが好きだったのか?

IMG_20180608_070222.jpg
壁際に沿ってまだ階段がありましたが、補修も改修もされてなくて危険な感じがしたので、更なる侵入は自粛しました。

最後の増築が1600年代で、城主は別棟に住んだので城本体の廃墟化が進んだみたいです。
この朽ちた感じ、廃墟好きには嬉しい物件(?)ですねー。
でも、「何このボロボロ! 私はもっと豪奢なお城でお姫様気分を味わいたいの!!」とお怒りのお嬢様方には他の物件をおすすめします☆
城と訳されるドイツ語には Burg とSchloss がありますが、前者は「山城」「砦」「城塞」、領地を外敵の侵入から守るために建てられる軍事目的ものです。
対してSchlossは、「王宮」「宮殿」「城館」、王様とか為政者のお住まい兼政治するところってとこですか。
豪華絢爛をお求めの方には、Schlossがオススメです。
ホーエンツォレルン城(Burg Hohenzollern)はホーエンツォレルン家の居城だけど、もともとあった Burg を増改築して今に至った物件…。
なんちゃらブルクって名前の街は、もともとは城壁を持つ城塞都市。
ただしブルクに似てるけどベルクは山。
イギリスにあるなんちゃらバラ、ロシアにあるなんちゃらグラードの「バラ」「グラード」はドイツ語のブルクと同じ意味
ノヴゴロドのゴロドはグラードの古いかt


……脱線すみません。。。

IMG_20180608_071654.jpg
城を見た後に朝ごはん。
朝のドイツパンもこれが最後か…

IMG_20180608_073853.jpg
窓写してないけど、展望レストランです。

IMG_20180608_074735.jpg
IMG_20180608_074707.jpg
部屋からは鬱蒼とした森しか見えませんでした。
部屋に居ながら森林浴。
ところでヨーロッパに網戸という概念はない?
さすがに森が近いせいか虫入ってました。

IMG_20180608_080804.jpg
ダンナがチェックアウトしている間、私は甲冑さんにサヨナラのご挨拶。
そう言えば、日本人女性の宿泊客がもう一組(1人?)いました。

IMG_20180608_082009.jpg
城を出て坂を下ります。
すぐ近くに大きな堰があります。
仕事柄ダンナは興味があるみたいで、車の外に出て写真を撮ってました。

IMG_20180608_090700.jpg
フランクフルトへ向かってネッカー川沿いを進みます。
途中いくつか古城を通過するので、車の中から見えないかと期待してましたが、それは甘かった★
お気楽に通りすがりになんか見えないもんですね~。
ヒルシュホルン城とハイデルベルク城は大きそうなので見えるんじゃないかと思ったんですが…
で、写真はハイデルベルク付近。多分。
このあたりで時間はちょうど9時位。
フランクフルト11時着にまあまあ余裕かと思ってましたが…

IMG_20180608_113701.jpg
フランクフルト近郊のアウトバーン5号線で事故渋滞があって焦りました。
でも渋滞を抜けた後はスイスイ行けて、返却時間に間に合いました。
写真は、車を返して、荷物も預けて、さてどこかでお昼を食べようか、と中央駅を出たところです。
web拍手 by FC2