2018_02
07
(Wed)15:30

Amazonで買う

こちらでも買えます

内容紹介
理想的な超国家形態として始まったはずのEUは今、加盟国間の経済格差、イギリスの離脱、移民問題などで揺れに揺れている。
果たしてEUはどこへ向かっているのか? そもそもEUとは何なのか?
本書は、EUの中核をなす2大国ドイツとフランスの、九世紀以来一千年にわたる抗争の歴史を、主にフランスの外交政策の視角から考察したものである。
フランク王国分裂以来、常にヨーロッパの中心で対立を繰り返してきた両国の歩みを振り返り、ヨーロッパとEUの今後を展望する。


…な感じの本です。
なんか難しそうですが、何しろ1000年分を300ページあまりで書いているので、概史ですから、入門書として読めると思います。

私がやったのは編集・デザイン・DTPで、内容になーんにも関わってないですけど、ブックデザインにはそれなり拘りました。
人間、8割は視覚で判断するのが現実ですから、とりあえず見た目は大切。
カバー絵はフランスの象徴である雄鶏とドイツの象徴である鷲が闘っている図、という著者の希望があったので、1914年の風刺画を使いました。
都合のいい絵が見つかって良かったよ★

書店には今のところありません。。。
アマゾンまたはこちらで販売中です。
書店関係の方にはこちらで直接販売してます。
よろしければ買ってください~

著者について
1943 年生まれ。島根県出身。一橋大学大学院社会学研究科博士課程単位取得満了退学、社会学修士。横浜市立大学名誉教授。
著書に『漫画に見る普仏戦争・パリ= コミューン』(大佛次郎記念会、1981 年)、『フランス第二帝政下のパリ都市改造』(日本経済評論社、1997 年)、『独仏対立の歴史的起源―スダンへの道』(東信堂、2001 年)、『普仏戦争-籠城のパリ132 日』(春風社、2013 年)など。『現代語訳 巴里籠城日誌』(ヨクトフォリオ、2016 年)監修。


▼目次
dokufutumokuji1.png
dokufutumokuji2.png
web拍手 by FC2
2018_01
22
(Mon)18:27
KIMG0763.jpg

大雪(埼玉基準)の中、早めに帰ってくる家族を駅まで迎えに行きました。

KIMG0761.jpg

出かけようとすると既にミニさんの上にはこんもり雪が。
電車が遅れて長引いた待ち時間に、更にどんどん降り積もっていって、埋もれていく感半端なかった(゜o゜;

家族は無事全員救出されました☆
web拍手 by FC2
2018_01
16
(Tue)12:00
だいぶ長くかかったけど、ようやくここまで来ましたよっ\(^o^)/

KIMG0759.jpg

あと少しで完成~
製本されると見えなくなっちゃうこの丁合いのマークが、結構好きだったりする( ´∀`)
(写真は校正用のコピーですが…)
web拍手 by FC2
2018_01
11
(Thu)12:15

この本がめっちゃ読みたい気がするのだが、ドイツ語だ(゚д゚)!
翻訳求む!
せめて英語!


いつぞや行った(というか6年前)エストニアはタルトゥで開催の Nordic-Celtic-Baltic Folklore Symposium は第6回だったのだけど、これはアイスランドのレイキャビクで2005年に開催された第5回の報告集。
この超高価なお値段をなんとかしてくれ~(ToT)
てか、第5回が2005年で第6回が2012年か。
じゃ、もしや次回は来年?
随分間をあけるなあ。
この分野の本が日本語で無かったのでエストニアくんだりまで聴きに行ったわけだけど、現地ヨーロッパでもマイナーな分野なのかなあ?
それはそうと、第6回の報告集はまだ出てない模様…。
そっちの方がむしろ欲しいかも。。。


もうちょっと安くなんないかなあ。


タリム盆地のミイラについて触れている本は、日本語でも結構あるんじゃーないかと思うけど、ヨーロッパ人視点のも読んでみたい。


こんなに買うお金も読んでる時間も無いので、妄想です…
web拍手 by FC2
2018_01
06
(Sat)14:29
あけましておめでとうございます。
今年もダラダラとこの更新まれブログを続けるんじゃあないかと思ってます。
よろしくお願いいたしますm(_ _)m

さて。

仕事にイラレとフォトショとインデザインは不可欠なので、AdobeCCを使っているのだけど、昨日の朝、唐突に「サブスクリプションがキャンセルされました」メールが購入元のアマゾンさんから届き、使えなくなっちまいました。

▼ちなみにAdobeさんからもこーゆー「行かないで」メールが届く(なぜか英語)
2018-01-06 (3)

実は先月も同様のことがあり、アマゾンさんからその後お詫びメールが届いて復旧していたのだけど、1ヶ月してまた同じことに。
何故かギリッギリ、印刷屋さんに送る予定だったインデザインデータだけはPDF化するのに成功したのだけど、その後はイラレもフォトショもインデザインも使えなくなっちまいました。
ちょっと待て!
それじゃ全然仕事ができないぢゃないか!!!(@@;)

そんなわけで、アマゾンさんのカスタマーサービスに早速電話をしました…
2018-01-06 (4)
…じゃなくて、↑ここに自分の電話番号を入れて送信したら、瞬時にアマゾンさんから電話がかかってきました。
そして速攻担当の方に繋がりました。
速っっっっ(゚д゚)!
だいたいこういう電話ってものすご~く待たされるのが常だけど、どんだけ人員を配置してるんだアマゾンさん。
なんか色々文句言う人が世の中多いけど、頑張ってるよ、アマゾンさん。
そして、なかなか聞き取りにくい私の本名をちゃらっと言っただけですぐアカウント確認できちゃって凄いよアマゾンさん。
ログインした画面から送信してる時点ですでに確認されちゃってるのかもしれないけど。

電話口に出た方から担当部署の方に変わり、状況を報告して「仕事ができないんでどうにか早く解決お願いしますぅ」と泣きつき電話を切りました。
昨日の印刷屋さんとの打ち合わせでは、件のインデザインPDFは用意できたけど、イラレのデータが出来ていない(出来てるんだけど、印刷屋さん対応としてバージョンを下げないといけないのが、イラレが開けないから出来ない)旨伝え、連休明けまで待ってもらうことに。
でも、もし復旧が間に合わなかったら、家族の誰かにイラレの体験版をインストールしてもらって、それでやるしか……などと思ってました。
アマゾンさんからの連絡はその後特になく(正月明けのモンスターカスタマー対応で忙しいかもしれないので、ここは責めない)、未明3時頃にもまだCCが復旧している様子がないのを確認して寝たので、今朝起きたときは「復旧に長引くようならいっそ本当にキャンセルしちゃって、新規に買い直すかな。でもキャンセル料は払いたくね―★」などと考えていたのだけど、PCつけてみたら、復旧してました。
良かったー。

Adobeさんからは復旧のたび「ようこそ」メールが届く(これは日本語)
2018-01-06.png
うん、前から使ってるけどね。

して、アマゾンさんからは後日かようなお知らせが届くわけです。
2018-01-06 (5)
これは前回の分。
前回はちょうど校正をやってる真っ最中で、AdobeCCをたまたま使ってなかったから特に支障はなかったので、「ああ、復旧したのね」程度にしか思わず、アマゾンのアカウントページも確認してませんでした。
今回は、なんで2か月続けてこういう事態になったかなー、と思ったので、アカウントを見直してみたら「自動継続」がオフになってました。
もしかして前回復旧したときも同じことが起きて、今回のキャンセルに至ったのでは?
復旧=全面的に元に戻ってる、と思っちゃうけど、こういう罠があるから、ちゃんと確認しないといけないんだなー。
もしかしてアマゾンさんも気づいていないのでは?
報告した方が親切かしら?
素早い対応をしてもらったお礼もしたいしね。
でも、こういうのって大抵クレーム窓口は用意されてるけど、「ありがとう」を受け付ける窓口は無いよね。
毎日クレーマー対応で疲れてるであろう方々に、感謝してるカスタマーもいるんだよー、と伝えたいんだけど。

2018-01-06 (2)
▲赤丸部分をオンにしたので、来月は大丈夫だろう。。。たぶん
web拍手 by FC2