2018_06
21
(Thu)15:18
IMG_20180603_105241.jpg
現地時間6月3日朝10時、インフォメーションが開くのがこの時間なので、ちょっと遅めのスタートです。
左の時計が付いてる大きな建物が Frauenkirche(聖母教会)、写真中央に見える通りの向こうに泊まってるホテルがあります。
今日の目的は美術館!
というよりフリードリヒ!!(←リンク先はポップアップが出てうざいけど、completeと謳ってるからにはほぼ全作品の写真を載せているのだろう。色の再現は微妙)

IMG_20180617_130753.jpg IMG_20180603_105215.jpg
でも、一般的なドレスデンの見所というかシンボルは、この Frauenkirche。
インフォメーションには各国語のミニガイド(無料)が置いてあったので、日本語版をもらってきました。

IMG_20180621_113919.jpg
IMG_20180621_113937.jpg
日本語版ガイドにはざっくりとしか説明がなかったので、英語版 Frauenkirche パンフ。
下の写真の中の白黒写真にあるように1945年の大空襲で崩壊し、社会主義政権下で廃墟のまま放置されていたものを、1990年代から瓦礫を丹念に集めて再建したんだそうです。
見学したかったけど、今回は時間がないので残念ながらパス。
また次の機会に…(また来る気満々?)
日本語のガイドツアーもあるようですよ(^o^)
街はまだ再建途中?
あちこち工事中でした。

IMG_20180621_123507(2).jpg
黄色いのがインフォメーションで買った Museum Card。
2つ以上観ればもとは取れます。
2日間有効ですが、私は明日には発つので一日しか使えません(-_-;)
パンフとチケットはフリードリヒの絵が展示してあるアルバーティナムのもの。
フリードリヒの絵が使われてます。

IMG_20180603_113229(2).jpg
アルバーティナム内ノイエ・マイスター絵画館に入って2部屋目がフリードリヒ部屋でした。
写ってる人物はダンナ。
日本ではほぼ無名なフリードリヒですが、ドイツロマン主義絵画を代表する画家です。
彼の絵が日本に来ることは殆どありません。
だから、実物を見るのはものすごく久しぶり!!

IMG_1564(2).jpg
ダンナが記念写真を撮ってくれました(^_^;)
発表当時物議を醸した代表作、テッチェンの祭壇画。
どう物議を醸したかを語り始めると長くなるので、ここではスルー。

IMG_20180603_113637.jpg
IMG_20180603_113657.jpg
IMG_20180603_113707.jpg
割と有名所の絵から…
フリードリヒは日本では無名と言っても、本の表紙やレコード・CDジャケに使われてたりすることがあるので、見たことある人もいるかも。

IMG_20180603_113624.jpg
IMG_20180603_113728.jpg
IMG_20180603_113428.jpg
IMG_20180603_113439.jpg
よく「写真じゃないの?」と言われるけど、この時代にまだ写真は無いです。
フリードリヒについて語りだすと終わりが無いので、ここではやめておきますが、実物に会えてとっても幸せでした。
日本でも、馬鹿の一つ覚えみたいに印象派展ばっか毎年やってないで、他のジャンルをやってくれよー。
そーいえばちょうどこの頃、ハンブルク美術館(フリードリヒの絵を沢山所蔵してるらしい)でゲインズバラ展をやってました。
ゲインズバラ展なんて、絶対日本じゃやらないよなー。
「めっちゃ行きてー!」と思ったけど、今回の旅とは全然地域が違うので諦めました。

IMG_20180603_122032.jpg
ノイエ・マイスター絵画館は、ロマン主義以降の絵画を展示しているので、正直フリードリヒ以外にはそれほど興味なし★
というわけで、残りはサラッと通過して出ました。
これはアルバーティナムの外観。
かつては武器庫として使用されていたそうです。

IMG_20180603_122233(2).jpg
アルバーティナムを出て、エルベ川沿いを散策。
左のオバケは、ダンナが大きく写ってて本人が嫌がるかなと思ってぼかした謎の物体。
向こうに見える橋が工事中だったんで、ドレスデン入りした時、車が通り抜けられなかったんだ(゚д゚)

IMG_20180603_114852.jpg
フリードリヒと同時代のヨハン・クリスチャン・ダールが描いた、19世紀前半のドレスデンの眺め。
ちょうどダンナがいる上の写真の橋の反対側から描いたドレスデンの街並み。
このあと、ダンナはこのままエルベ川散策、私はツウィンガー宮殿内のアルテ・マイスター絵画館へ向かうため別れました。

IMG_20180603_124002.jpg
「君主の行進」と呼ばれるタイル壁画

IMG_20180603_125058.jpg
左がカトリック教会、右がレジデンツと呼ばれる宮殿。

で、肝心のツウィンガー宮殿の外観は、工事中感半端なかったので写真なし…
IMG_20180603_140536.jpg
これは中庭。
次回はアルテ・マイスター絵画館話から…
web拍手 by FC2
2018_06
18
(Mon)18:29
IMG_20180602_185556.jpg
IMG_20180602_185639.jpg
IMG_20180602_185738.jpg
ドレスデンのホテルはやけに豪奢……
あれ?おかしいな…
キッチン&洗濯機付きのアパートホテルを予約したはずだったんだけど。
ここで一回洗濯する予定だったんだけど。。。

フランクフルトを予定より少し早めに出たので、ホテルに予め伝えておいた到着時間には余裕でドレスデン市内に着いたのですが、着いてからが大変でした(;´Д`)
ダンナのスマホに入れたナビと私のタブレットのグーグルマップを頼りにホテルに向かったら、後もう少し!というところで通行止め(工事中)!
グーグルマップを見ながら迂回してみれば行き止まり!(@_@;)
たどり着けねーじゃん!!ということでホテルに「近くまで来てるんすけど道がわかんないっすー」って感じの電話をかけたところ、「ナビありますか? ○×※△通りに来てください」なることを言われ…
ホテルの方、英語は堪能で全然違和感ないんだけど、「なんちゃら通り」の部分だけドイツ語発音で聞き取れん!!!
いや、ドイツの道なんだからドイツ語発音なのは当たり前なんだが☆★
なかなか癖のあるRの発音が聞き取れませんでした。
何回も聞き直してスミマセンっっっ

ようやく Rampische Strasse だということがわかり、そちらへ向かうも…大通りは真ん中をどーんとトラムが走ってるので、結構大回りしないと目的の方向へ行けない。
それに、曲がる箇所とかが絶妙にわかりにくくて、同じところを2周しちゃったい★
そうしてようやくたどり着いたところは…当初目的地設定してた場所と違うんだけど…?
そこで、とりあえず車を停めてダンナに待ってもらい、私が歩いて探したんだけど……無いし。
え~???と思ってまた電話したところ、目の前にありました。

IMG_20180603_090509.jpg
これ。

え?いや、違うよ、予約したとこと名前が違うよ?
名前が違うんじゃ、見つけられるわけないじゃん??
でも、そういえば確かアパートにはフロントがないからチェックインは別のところだって書いてあったっけ。
じゃー、ここでチェックインしたら、アパートの方に案内してくれるんだー。
などと勝手に解釈してチェックインを済ませると、別のところに案内されることもなく、この豪奢なホテルの豪奢な何とかスイートに通されたのでした。

IMG_20180602_195136.jpg
なんかよくわかんないけど、まーいいかということにして、長いドライブで疲れてたんで、しばらく部屋でゆっくりして(とゆーかダンナは仕事をして)から外に出ました。
この明るさで、そろそろ午後8時。
ホテルは聖母教会前広場まで徒歩0分。

IMG_20180602_195217.jpg
Frauenkirche(聖母教会)

ドレスデンには2泊するので、明日はゆっくり美術館巡り。
そのために美術館カードを買おうと教会裏手のインフォメーションに行ったら、とっくに閉まってた。。。
部屋でゆっくりしてる場合じゃなかった?Σ(゚Д゚)
日の長さにうっかりしたよ;

IMG_20180602_204444.jpg
夜ご飯は、早くも米が食べたいダンナが検索して見つけたスペイン料理店でパエリア。
2人前注文したけど、日本基準では4人前くらいの量だったよ(゚д゚)

IMG_20180602_200610.jpg
お約束のビール。
これはヴァイツェンと書いてあるね~。
他にヴァイス・ビールと言ったり…微妙に地域で呼び方が違うのかなあ?

IMG_20180602_200454.jpg
各国料理のレストランがひしめく通り。
奥に見えるトンネルの向こうがエルベ川。
実はこの通りに、当初たどり着こうとしてたアパートホテルがありました。
どう見ても車じゃ来れないなー。
とはいえ、「ここ通るの?」みたいなところを車がフツーに通ってたりするので、工事がなかったらこの近くまで来れたのかも。

ホテルに帰って、フロントで「予約した部屋と違うんですけど~? 確かキッチンが付いた部屋だったはず…」と疑問をぶつけると、「よりよい部屋に変更いたしましたが、キッチンが必要でしたか?」とゆーよーな事を言われました。
いや、別にキッチンはなくてもいいんだけど、お値段はそのままですか?と聞くとそのままだというので、まーいいかということに…。
キッチンじゃなくてー、本当は洗濯機が使いたかったんだよー。
……手洗いしました。

IMG_20180603_090553.jpg
そんなわけで思いがけず泊まることになったホテル・スイーテス(五つ星)。

IMG_20180603_090539.jpg
1階のお土産屋さんに日本語が。

IMG_20180603_083745.jpg
五つ星ホテル泊だけど、朝食はアパート泊待遇。
お値段そのままだからね。
ダブルブッキングやらかしたんじゃないの?、、、とダンナと訝しみました。
web拍手 by FC2
2018_06
15
(Fri)18:20
IMG_20180601_195953.jpg
フランクフルトで泊まったリッターホテル。
トラムの駅が近く、中央駅からもそう離れていない(対岸)のだけど、トラムの乗り換えでもたつきそう(そもそもまた切符買うのでもたつきそう)だったので、タクシーで来ました。
翌朝中央駅のレンタカー屋で車を借りるというので、駅近で且つ安いところにしたのでした。
今回の旅では、立ち寄る都市と宿は私が決めたので。

このホテルは17世紀築の木骨建物で、付近には飲み屋さん(?)がいっぱい。
「夜うるさいといけないから静かな部屋にしました」と受付のお姉さんが言った部屋は、要するに一番奥の部屋だったようです。
おかげさまで夜は外からの音は全然聞こえなかったけど、建物が古いだけに防音に難があるらしく、上の階の人が夜中にドスドス歩いてうるさかった。
まあ、それが古い建物ってものよ。
Booking.comによると色んなタイプの部屋があるそうだけど、私達が泊まった部屋は思ってたより広くて、ベッド2つにソファベッド1つありました。
バスルームは無駄に広かった。
そして、ドイツで2階とは3階のことだ★

IMG_20180601_201705.jpg
夕食はホテル近くのちょっと良さげな雰囲気の店で。

IMG_20180601_200912.jpg IMG_20180601_202525.jpg IMG_20180601_202613.jpg
ダンナが好きなヴァイセンビール(濃淡)と、ホワイトアスパラじゃがいも添えに牛のヴルスト(ソーセージ)ザワークラウト添え。
写真じゃよくわかんないだろうけど、アスパラもソーセージもでかい!
本場のザワークラウト、食べられるかな?と思ってたけど、食べやすくてとっても美味しかった。
日本でも梅干しがすっかり酸っぱくも塩辛くもなくなってるように、ザワークラウトも最近は食べやすいのかもしれない。
アスパラは柔らかく、メチャクチャ美味しかった!!!
じゃがいもも、私が好きなねっとり系。
やっぱりじゃがいもはホクホクじゃなくてねっとりだよ!!
そんな私は男爵いもを買いませぬ。
ちょっと酸っぱい黒パンも美味し。
後から思うと、ここで食べたものが一番ドイツ料理っぽかったのかも。

IMG_20180602_080310.jpg
IMG_20180602_081141.jpg
翌朝はホテル地下のレストランでビュッフェ。
トーストしたてのブツブツパンがうますぎてヤバかった。
ブツブツ(麦?)は表面に付いてるだけじゃなく、中までびっしり。

IMG_20180602_111958.jpg
チェックアウトしてフランクフルト中央駅(写真は通りすがりに撮った駅構内)のレンタカー屋へ行き…

IMG_20180602_113047.jpg
予約してあった車を借りました…のはずが、思わぬ事態に。
「予約の車はスタッフが持ってくる途中で事故ったので別の車になりました」とサラリと言われ、あまりに唐突でなんか理解がついていかないうちに「アウディのなんとか」だったはずが「オペルのコルサ」になりました。
これが後々のダンナの後悔につながったのでした。

IMG_20180602_123922.jpg
昼前にフランクフルトを出発。
ドレスデンまでは結構遠いです。

IMG_20180602_132252.jpg
途中のサービスエリアでお昼を食べました。
焼きたてパニーニ、うまい。
でも基本、地元の人が来る店の店員さんとかはあまり英語がしゃべれないっぽい…。
サービスエリアと言っても日本のみたいなキレイなのではない。
まあ、日本のも昔は全然キレイじゃなかったから、当時を知ってる人はあんな感じを想像してもらえれば近いかも。

IMG_20180602_144807.jpg
ドイツでは、トラックは一番端の走行車線を整然と走るのがルールらしい。
日本みたいな暴走トラックはいない。
暴走なんぞした日には、処罰が相当厳しいんだろう。

IMG_20180602_145149.jpg
緑が延々広がる風景の中に、時々集落が現れる。

IMG_20180602_181302.jpg
そして5時すぎくらいだったかな?ドレスデン着。
ところがどっこい、着いてからホテルに辿り着くまでが大変だったΣ(゚Д゚)
写真は、通行止めとか一通とかでグルグルしてたときに通りすがった馬車。
おおっ、馬車にもテールランプがついてる!
web拍手 by FC2
2018_06
15
(Fri)15:04
流石に9日間も仕事(家事含む)をほったらかしていたので、復旧(?)に手間も時間もかかりますわ★
でもこれ以上旅行記を先延ばしにしてると記憶が薄れるΣ(゚Д゚)!!
というわけでボチボチ書きます…。

6月1日朝、ミニさんに乗って成田空港へ。
今回はダンナと2人旅。
ダンナはアウトバーンを運転するのが楽しみ、私はドレスデンでフリードリヒの絵を見るのが楽しみ。
で、予約してあった成田空港駐車場に行ったわけだけど、「予約車はB1」程度の案内があるだけ特に説明も無い…
B1に行ってみると、「予約車」(だったかな?)と書いたパイロンが置いてある駐車スペースがズラッとあるだけで、係の人がいるわけでも無い…
「適当に駐めていいのかなあ?」などと言いつつテキトーに空いたところに駐めました。

KIMG0941.jpg
写真右下の緑色が、車を入れるためにちょいと横にどけた件の「予約車」パイロン。
もっとちゃんと撮っておくんだった。
これを数字が書いてあるあたりに戻してから、第2ターミナルへ。
ミニさんはここでしばらくお留守番。
ダンナがあとでネットで調べたところ、こうしてテキトーに好きな場所に駐めて良かったようです。

KIMG0942.jpg
空港では、ダンナのお得意様力のおかげでJALのさくらラウンジで搭乗まで待機。
ラウンジで朝ごはんを食べました。

IMG_20180601_112009.jpg
11時20分頃に出発。
これから12時間あまりのフライトです。
これまたダンナのお得意様力のおかげで、エコノミーより上、ビジネスより下クラスのシートでした。
だがしかし、翼のところだった。
いまいち外が見えず残念。

IMG_20180601_125851.jpg
離陸後1時間位で昼食。
・若鶏の柚子胡椒鍬焼き
・冬瓜の冷製
・干しエビ風味のゼリー寄せ
・アンチョビおから
・フレッシュサラダ ドレッシング添え
・ライチのなめらかプリン
以上です。
なんか、有名シェフ監修お料理だったようです。
メインは他に「牛丼四川スタイル かぼちゃの甘味とコクを添えて」も選べました。

IMG_20180601_131945.jpg
で、てっきり「ライチのなめらかプリン」がデザートかと思ってたら、更にハーゲンダッツが出ました。

飛行機に乗ってるときは「今どのへんの上空かなー?」というのが個人的に結構ワクワクするところなんですが、ヨーロッパ行きはほぼほぼロシア上空ですよね。
ロシアとは仲良くしないといけない。。。
例えば国交のないベラルーシ上空をうっかり飛んじゃったら撃ち落とされる可能性も無きにしもあらずというから…。
つか、ロシア広っっ。
そんなこんなしてるうちに日本時間午後6時頃には、シベリア平原上空を飛んでました。
ふと窓の外を見ると、雲が晴れて大地が見えます。
こ、これは写真撮りたい!!

IMG_20180601_180117.jpg
…と思ってカメラ(タブレット)を取り出してワタワタしてるところにCAさんが現れて、パンを置いていきました。
お、おやつ!?
ジェノベーゼ風ポテトパンにスープをいただきました。

IMG_20180601_180132.jpg
で、これがシベリア平原。
さすがシベリア、夏でも寒そうだ。

IMG_20180601_211638.jpg
飛行機に乗ってると、寝るか映画見るか食べるかくらいしかすることが無い…
というわけでまた食べるもんが出てきました。
到着約2時間前の軽食、AIR MOSとポテコ。

IMG_20180601_212317.jpg
KIMG0947.jpg
クリームチーズテリヤキバーガーは、チーズとレタスを自力でセットしないといけない。
レタスがシャキシャキで美味しかったけど、狭いシートでやるのはちょっと大変だった。

IMG_20180601_211603.jpg
この頃にやっとロシア上空を離脱。
日本時間で午後11時過ぎ。
眼下にロシア-エストニア国境のペイプシ湖(チュード湖とも言う)が見えたので、一人盛り上がる私。
13世紀にアレキサンドル・ネフスキー率いるノヴゴロド軍がドイツ騎士団軍を破った氷上の決戦の現場。
ちなみに「騎士団」という日本語訳で誤解してる人が多いと思うけど、やつらは「武装修道士」だからね。
別に騎士の集団じゃないから。

IMG_20180601_230924.jpg
間もなくフランクフルト空港に着陸…

IMG_20180602_002903.jpg
そしてフランクフルトに着いたのだった。
これはフランクフルト中央駅行電車(だと思う。多分電気で動いてた)の切符。
ここにたどり着くまでにスッタモンダしました(-_-;)
空港内で電車マークの表示を見て歩いていったら外に出ちゃったので、また戻ってウロウロして別の表示を見て上がったり下がったりしてったらなんかモノレールっぽいのの乗り場に出たので、それに乗ってったら(無料)空港駅に着きました。
駅についてからは、切符買うのが大変。
券売機がなんか七面倒臭くて、慣れない旅行者で混み合ってる…。
私達もそれで「わけわからーん」とオタオタしてたら、親切な方が「あっちの緑の券売機のほうがいいよ(英語)」と教えてくれました。
フランクフルトへ行く皆さん、券売機はの方が簡単です。
はダメです。
(行き先によるかもしれないので各自調べてね)
ちなみに券売機は日本のように整然と並んでるわけじゃなく、あっちこっちにバラバラにあります。
そして、改札もない。
事前に調べたところでは、乗車券に打刻機で日時を打刻しないと、検札で捕まったときに罰金払うハメになる、とあったので「打刻機どこ?」と探したけど、そんなものはなかった。
きっと、二重手間でアホくさいからやめたんだろう(推測)。
切符にちゃんと日時印字されてるし。
ご覧のとおり、現地時間17時23分。

IMG_20180602_005944.jpg
フランクフルト中央駅に着きました。
入り口立派。

IMG_20180602_005715.jpg
駅前広場。
さっそく「Welcome to Germany~」と言いながら怪しげなお姉さんが近づいてきたので、「No thank you」と追い払いました。
言ってから、「Nein, danke」と言えば良かったとか思いました。どうでもいい★
ここからタクシーに乗ってこの日のホテルへ。
ドイツのタクシーの運転手さんは制服じゃなく、皆さん私服。

IMG_20180601_195635.jpg
IMG_20180601_195608.jpg
ホテルはマイン川の近く。
謎のカモかガチョウがいっぱいいました。
白鳥も。
web拍手 by FC2